NHKスペシャル社会問題解決型AIをマツコデラックスが!

NHKスペシャル社会問題解決型AIですがちょっと興味を引くタイトルですよね。

社会問題解決型AIシリーズのプロローグということで、やはり
これからは人工知能の時代になっていくのでこれから
何度もこういった社会問題解決型AIに関する放送は行われていくようです。

司会はNHK初のマツコデラックスさんが司会です。
そして有働由美子アナウンサーが進行です。

NHKスペシャルAIに聞いてみたどうすんのよ!?ニッポン
2017年7月22日(土曜)
前編午後7時30分
後編午後9時から
解説は大越健介さんです。
専門家には東京大学・坂田一郎教授、京都大学・柴田悠准教授などが解説しいてます。
NHKが独自に開発した世界にも例を見ない「社会問題解決型AI」です。

AI助手として阿部博史さんがナレーションには近藤正臣さんと芦田愛菜さんがやってます。

今回はNHKスペシャルの特番で社会問題解決型AI2020年を見据えてという事で
やはり今急速に成長している人工知能AIによって将来どうなっていくのか
ということで社会問題解決をするという番組ですね。

今回興味を持ったのはやはりメンタリストDaiGoさんも慶應義塾大学で
AIの人工知能記憶材料系マテリアルサイエンスを専攻してました。

それでまぁ私も人工知能については興味を持ってます。

ちなみに人工知能が人にかなわないのは好奇心だと言ってますよね。
なので好奇心についてもDaiGoさんはオックスフォードから放送してましたね。
好奇心でストレスを吹き飛ばすおすすめの本をメンタリストDaiGoが!

今回の社会問題解決型AIではどうやったら老後を心配なく迎えることが出来るのか?

その他にも、子育て環境にも社会問題解決型AIで変化している状況などを
取り上げていくようです。

幸せに暮らすために社会問題解決型AIとどう向き合っていくのかとか
社会問題解決型AIをどうすれば明るい日本になるのかといった点ですね。

実は日本はAIによって数十年後に49%の人間が失職すると言われてます。
これは世界でも一番高い数字のようです。

スポンサーリンク



世界平均では47%くらいが人工知能によって職を失います。
つまりどの国にとっても人工知能によって失職していくのですね。

つまり今回NHKスペシャル社会問題解決型AIという番組を放送するのは
この避けては通れない人工知能どう向き合っていくのか
その辺を詳しく紹介しています。

風が吹けば桶屋が儲かるように、複雑に、間接的に影響してるデータの関係性を
AIが未来解析すると言うことですね。

今回私が社会問題解決型AIに興味を持ったのもNHK特集で40代の一人暮らしの人たちの選択
どうなるかで未来が変わってくると言うのです。

ちょっとどういうことかと興味津々ですね。

労働時間や老後の介護などで今後の空き家問題などを良くするのも悪化させるのも、
40代の一人暮らしが鍵を握っているようです。

確かに今後の問題として空き家をどう活用していくかもあるのですね。

老人は老人ホームとかマンションの3階以上に住んでいる高齢者が
引っ越したりとかも結構あるようですね。

そこで40代の一人暮らしがどういう選択をするかって事ですね。

まさに私がドンピシャの40代一人暮らしなので
ちょっとどうなっていくのか気になりますね。

今回はNHKスペシャル特番の社会問題解決型AIについて書いてみましたが
やはりメンタリストDaiGoさんも好きなことを仕事にしてますからね。

自分の好きなことを仕事にするってのは良いですよね。
そういう意味ではDaiGoさんもこの本をオススメしてましたね。

といっても結構有名な本だから知ってる人も多いかな。

おすすめの本
フリーエージェント社会の到来

でも人工知能で日本の仕事の49%は失われてしまうと言われているので
今後どうなっていくのか分かりませんね。

ちなみに私はYouTubeだけで生活しててYTM∞という教材で
成功することが出来ました。

YouTubeの副業とか興味ある人は面白い教材だからチェックしてみてね。
YTM∞まとめ

ポチッと応援クリックお願いします↓


ビジネス書ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)