DaiGoが夏野剛・ひろゆき氏の対談でスプーン曲げ本物証明!

夏野剛ひろゆきが、スプーン曲げに挑戦!というタイトルで
この時は初めてゲストを呼んでの放送でした。

夏野剛さんはカドカワやドワンゴの取締役の人ですね。
セガとかグリーの社外取締役をしています。

NTTドコモでiモードを起ち上げた人です。
いわゆるガラケーですね。

ひろゆきさんは『2ちゃんねる』を開設した人ですね。
その二人がDaiGoさんの放送にゲストで来てました。

スポンサーリンク



微表情で見分けるテクニック

笑顔の見分け方でちょっとしたテクニックを紹介してました。

本当の笑顔は目の周りの筋肉が動いていると本当の笑いのようです。

口廻りだけしか動いていなければ作り笑いのようです。

思いっきり作り笑いで半分に割って右と左を比較して
あまりにも違うと作り笑いがバレやすい人のようです。

毒舌するタイプやすぐ喧嘩を売るタイプはビビりが多いようです。
怖がるタイプだから自分から攻撃するようです。

弱い犬ほど吠えるのと同じですね。

男の場合のイジメは腕っ節が強い人がリーダーに成り
女の場合はコミュニケーション能力が高い人がイジメをするリーダーになるようです。

女子の場合は上下関係を嫌い横並びの関係を好む。

毒舌タイプは相手の発言とか気になるから
よく飲みに行ったりするらしい。

話をするときに相手の口が開いてリラックスしているときは
興味を持って聞いてくれているときのようです。

相手の口が閉じ始めたら質問してあげると良い。

女性を口説こうとするときに逆のことをいうと当たるようです。

キャバクラとかだと意外と家庭的そうだよねとか
意外と子供好きそうだよねとかいうと当たる。

というか当たってなくても自分がそうありたいと思っていたら
そうですというので全て当たります。

意外との後に褒め言葉を言ってあげると必ず正解します。

なので相手の印象で悪いとこの逆を言ってあげるとモテます。

聞いてもないことを言い出すのは怪しい。

対談ではやっぱりイギリスでの放送ですね。
オックスフォード大学でホランダー先生とメンタリストDaiGoがニコ生史上初の対談
スポンサーリンク



DaiGoのスプーン曲げは本当?

スプーン曲げのコツは腕を伸ばし親指の筋と腕が一直線にして
伸ばしそれで後は息を吐きながら反対の指で引くだけで簡単に曲がります。

これだけ何ですが腕を伸ばしたときに曲げるパターンと
胸に近づけたときに曲げるパターンがあるみたいですね。

それをいかに曲げてないように見せて曲げるかというのが
メンタリストDaiGoさんの凄いとこですね。

夏野剛さんとひろゆきさんも曲げれるようになりました。
なのでDaiGoさんのパフォーマンスが本物と証明されましたね。

ひろゆきさんも曲がるスプーンだと思っていたようです。

この放送がホリエモンババ抜きの時の放送だったので
ホリエモンの事も話してましたが、ホリエモンは小学生と話してる感じだそうです。

自分の思ってることをすぐに表に出すタイプのようです。

夏野剛さんはスプーン曲げは苦手のようですね。
ひいろゆきさんからマルチタスクが苦手と突っ込まれてました。

シングルタスクは異常に速いけどマルチタスクは出来ないタイプのようです。

夏野剛さんが森永卓郎さんをかなりディスってましたね。
全部嘘って言ってましたね。

経済学学んでないだろっていってました。
でも演技が凄いといってました。

男は40過ぎると1割の勝ち組と9割の負け組になる。

金銭的な価値を得られないと正当化してしまう。
人間は変化が苦手だからブラック企業とかでも正当化しようとする。

ホリエモンとのババ抜きの解説

ホリエモンは勝負モードに入るとまっすぐになるので
そうなるとけっこう手強いと言ってました。

なので挑発する必要があったようです。

だから最初にホリエモンに圧倒的に余裕で勝ったと
見せてしまう必要があったそうです。

一回そういうモードに入ると全部顔に出るので
そうする必要があったみたいですね。

挑発すると利き手の逆から選ぶけど一番は端は選ばないから
2番目か3番目になりあえてそこに隙間を少し空けることで
心理的に絶対に選んでしまうようです。

DaiGoさんが麻雀をやって勝つとズルいと言われ
負けると大したことないなと言われるようです。

ひろゆき氏が言ってましたがボブサップマイクロエクスプレッション
微表情のよみを凄く勉強しているそうで今は韓国でも成功しているようです。

他の国でも英語しかしゃべらないのにうまくこなすようです。
微表情分析を凄く得意としているようです。

最後になかなか見るだけでは出来るようにならないと
思わないけどスプーン曲げくらいはこれで簡単にできるようになると思います。

おすすめの本

ポチッと応援クリックお願いします↓


ビジネス書ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL