駄目な会社の特徴分かるサボタージュマニュアルとおすすめの本

CIAの前身が生み出した最強の組織破壊マニュアルに学ぶヤバい企業の見分け方
というタイトルでメンタリストDaiGoがニコニコで解説してました。

大企業病の正体「サボタージュ」を見極め、組織の崩壊からあなたのキャリアを、
そして企業に投資するあなたの資産を守る方法を解説

今回の参考文献でおすすめの本です。
R.M.ガルフォード の アンチ・サボタージュ・マニュアル 職場防衛篇: 組織を破壊から守る9の戦術

おすすめの本
米国戦略諜報局(OSS) の サボタージュ・マニュアル:諜報活動が照らす組織経営の本質

組織の効率を落とす方法を書いた本
敵と思わせないで相手の企業を潰す方法が書いてある。

CIAの前身の組織の内部文章が公開された内容です。
CIA前身の米国戦略諜報局OSS

逆に言うとこれに当てはまった企業は倒産するという事です。

組織を混乱させるための戦術が記載されたサボタージュマニュアル
実は多くの企業が陥る罠

このサボタージュに当てはまっていれば駄目な会社という事です。

こちらの記事もおすすめです。
人たらしで給料を上げる方法とおすすめの本をメンタリストDaiGoが!

ちなみに途中まではこちらでその解説内容見れます。

組織破壊の8つのサボタージュ戦術

従順サボタージュ
決められた手順の極度な重視

ハンコ貰うまでに課長のハンコ部長のハンコ社長のハンコと
息苦しくなる。

迅速な決断をもたらす簡略化した手続きを認めない

なぜその規則が必要でどんな成果を上げているのか?
ルールを守ることで一定以上の成果があるのかどうかが大事。

例外を程よく調整するにはベルカーブテスト

能力評価基準・推奨制度

ルールの順守に対しての報酬は出さない
小さな例外をある程度認める。

確立プロセス
とられた行動が結果につながったのなら、それを推奨する
例外的チャンスをものにする

効果的な無記名調査
身近にあるバカげた規則は何か
職務遂行の障害を3つ
手続きやプロセスで変えたいものは?その理由は?

スポンサーリンク



長話サボタージュ

どうでもいい話でいきなり割り込んできたり。

誰も知らない専門用語(ジャーゴン)を使う。

タイムキーパー:時間で議論を中止

ノーススター:会議で必ず決めたいことを明確化
とりあえず会議をなくす。

コメンテーター:どんなコメントを欲しいのかを明確にする
無駄な話がなくなる。

ひふみん現象ですね。
聞いてもないことをべらべらしゃべり出す。

委員会(チーム)サボタージュ
5人以上の委員会(チーム)に調査と検討の権限をゆだねる

5人以上にすると仕事が進まなくなるようです。

5人以上にすることで意思決定を緩慢にする。

責任の不明確化し代替案が出なくなる。
進展がのろくなる。

RACIモデル
実行責任Responsibleはチームに
説明責任Accountableは一個人に
相談Consultedは決定の前に
情報Informedは決定後に共有

これをすれば5人以上でも成立する。

明確なプランやゴール
期日がない
役割と説明責任の明確化

委員会は必要か一個人の決定にゆだねてはいけないような問題なのか?

小さな委員会、大きな成果

100億ドル以上の時価総額の企業400社を調査すると、

役員会が平均の9.5人以下の法人の方が10種の業界すべてで+8.5%の業績

平均14人の役員会の企業は-10.85%業績

4つのW(Worker Wisdom Wealth Window-Dressing)
よい働き手、知識人、資金調達者、威厳を発揮する外見のあるもの

この4つがしっかりあれば機能するようです。

期日設定と定期報告

詐欺は国がやれば正義になる。
マニュフェストは守る必要がない。

サンセット条項
一定期間においてとられた施策が成果を上げたのかどうかを報告する文書

無関係問題サボタージュ:頻繁に無関係な問題を持ち出す

共通の焦点とゴールを会議の最初に明確にする

次の会議で取り上げることを宣言して黙らせる

リンゴとオレンジ(全く異なるもの)の比較に注意

論点サボタージュ:細かい言い回しをめぐって議論する

言葉の細工師と文法警察

どんどん間違った質問と終わりなき道筋にいってしまう。

敷居を高くし、会話を再構成

誰がかかわるか、どんなフィードバックがほしいか明確化

決定権の明確化

スポンサーリンク



再論サボタージュ:以前に決まった話題を持ち出し、妥当性を再度議論せよ

再論するに値する新たな発見や状況の変化の有無がないなら却下すべき

下の人が評価を恐れて意見を言えない状況=後になって意見することになる、を防ぐ

臆病サボタージュ:用心深く、合理的な判断をするように促せ

恥をかいたり、失敗や問題を生むような軽率さを回避することを促す
これでチャレンジできなくする。

ミスをするのが良くないというのが停滞を起こす。

チャレンジをしなくなった国は滅びる。

そうだね、でも~→そうだね、それに~と続けるYES AND話法

妥当性サボタージュ:あらゆる決断の妥当性について懸念を示せ

その決断をする権限は誰にあるのか、上層部の決断と一致するのか懸念を示す

それは我々の仕事のなのか?サボタージュ

自信の欠如

担当者の不在

決定前に提案する権利

状況を考慮して意思決定する権利

決定を承認・拒否する権利

決定事項の通告を受ける権利

こういったのを明確にしておく必要がある。

決定を覆すやつが一番邪魔な存在

CCサボタージュ:関係者全員にCCする

メールは対話ではない

一人当てり平均121通/日のメールをしている

マネージャーや専門職の労働時間の28%がメール処理/マッキンゼー社の調査

ポチッと応援クリックお願いします↓


ビジネス書ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)