面接の質問や自己PRにおすすめの本をメンタリストDaiGoが!

やりたい仕事に就いて稼いで自由を勝ち取るための
面接の心理学についてメンタリストDaiGOさんが
ニコ生で放送してました。

面接は何で決まるのか

面接は90%好感度で決まります。

そして第一印象も大事です。

ハロー効果は良いですね。
どこか際だってアピールできるポイントを作る

そして上手に自己PRできるようにする。
ストーリーで自己PRする。

アイコンタクトの多い人は知能が高い傾向がある。

テンポ良く大きい声が良い

テンポが悪く棒読みみたいになると
当然印象は悪くなる。

記憶に残すには赤色が良い。
権威を示したいなら黒と深緑が良い。

童顔の人におすすめですね。

少し圧底で背を高く見せる。
背が高い方が能力がありそうに見える。

姿勢を正すだけで少し大きく見せる事は出来ますね。

女性から女性への評価は美人になるほど
評価は厳しくなる。

こちらの記事も面接に役立ちますよ。
就活の実践力と面接官におすすめの本をメンタリストDaiGoが!

スポンサーリンク



面接で使える心理学

早口の方が説得力を高める。

聞かれた質問の意図を考えれるようになれば
上手に受け答えできるようになる。

最初にポジティブな事を言って
苦手な部分と良い面をみせて信頼を得て
最後に自分の一番の売りを言う

こちらから質問でこういった人材を
求めてるんですか?

と会社の情報とかを見て質問し
でしたら僕はこういう事は得意分野です。

というようにこちらから質問を
仕掛ける事も出来る。

就職と面接については何度も放送してますよね。
こちらの記事も参考になります。
就活と面接におすすめの本をDaiGoが!

スポンサーリンク



面接緊張しない為の心理学

コンビニの人に話しかけるとか
少し恥ずかしいことに挑戦する。

表情で嘘を見抜かれる確率は54%です。
なので多少の着色は大丈夫です。

認知的努力時間で嘘がバレる。
考えて答えたから嘘だなとか
見抜かれる。

逆に言うと素早く返答すればバレない。

職業選択は自由を勝ち取るための
道具みたいな感覚になれば自分の人生を
コントロールしている気持ちになれる。

おすすめの本

もちろんDaiGoさんの本もおすすめですね。

ポチッと応援クリックお願いします↓


ビジネス書ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)