謝罪の仕方お客様やビジネスで本当に許して貰うには

ミスを笑って許してもらえる謝罪の心理学~入門編
▼いざというときに誤れば許してもらえる人間関係を作るには
▼ウインザー大学のインフォーマルコミュニケーション実践編
▼ミスを笑って許しあえる関係を作るための雑談5条件

万が一に失敗したときは失敗のテクニックも必要
今度ニコアロマと一緒におまけでヌコ様とミコ様のカンパッチを付けてくれくれるようです。

今回の放送の動画です。

謝罪せずに済む人間関係の作り方

人間関係の作り方によって許して貰えるかが決まる。

職場の人間関係は凄く大事

人間関係の悩みはなかなか解決しない

社会的反芻思考

一度上下関係が生まれるとなかなか変わらない。

ループストレスが社会的ストレスで最も多い。

こいつは駄目なやつだと思うと駄目なところしか出てこない。

逆に自分がそう思われるとずっと駄目なやつと思われる。

それを防ぐためにも謝罪は大事。

なんか珍しいアングルw

アレはオレがやったという過去の実績をアピールするアレオレ詐欺
はただの自慢話。

これからの可能性がある人に投資家は投資する。

どんな仕事をしてるかよりもどんな人たちと仕事をしてるのかが
自分の満足度を決める。

仕事のストレスは働いてる人たちをどう思ってるかで決まる。

対立の原因を考えるよりも誰に貢献しているのかを考える。

スポンサーリンク



謝罪の仕方を変える雑談力

エレベーターや自動販売機とかでたまたまって会話する
インフォーマルコミュニケーションを大事にする。

自分から挨拶の先制攻撃をすると良い。

DaiGoさんの高校の時に南雲さんというバスケ部の友達がいたそうです。

その人はコンビニの店員にもチャースと挨拶していたようです。

そしたらラーメン屋とかでも卵をサービスしてくれたり
いろいろ得をしていたようです。

それをみてDaiGoさんも徐々に真似するようになったようです。

雑談の効果を高めるには

散歩に誘って会話するのが効果的のようです。

それとスマホをしまって会話する。

スマホが視界にあるとスマホに注意がいってしまう。

人間はコミュニケーションを連想させるものに注意がいく。

雑談とかで会話した内容をメモしておくと良い。

人間は大事な人の話は覚えている。

細かいことを覚えているって事は大事な人だと思っていると
感じさせることが出来る。

仲良くなりたい人の情報はメモしておくと良い。
特に最後の会話を覚えておくと良い。

毎回天気から入ると大事な話に入るのに時間が掛かる。

最大限の効果を最低限の情報で得ることが出来る。

的を射た質問は相手が話したい質問をする。

スポンサーリンク



謝罪したら守って貰える人間関係の作り方

上司の愚痴とかネガティブな話題にはのらない
感情に共感すると良い。

自分が悪口言ってるのにそれに乗っかってくると
コイツは他でも悪いこと言ってるやつだと思われるそうです。

第三者から入る情報は説得力が上がる。
ネガティブな話は信用をなくすがポジティブな話は自分の株が上がる。

自分が助けてあげようとしてる人がミスをすると助けて貰え安い

普段からサポートしてもらえるような関係を持つことが大事。

謝罪は勇気がいる行動。

弱さを認められないことを弱みという。

大勢の前で弱さを見せることが出来る人は強さをアピール出来る。

立場が上の人が謝らない人は短期的には謝らなくていい人なんだと
強さをアピール出来る。

意外な人の謝罪は効果がある。
謝罪は不意打ちの先制攻撃が良い

謝罪は頭を下げることではなくて頭を使うこと

自分の弱いとこと向き合うのが謝罪

謝罪は自分のために謝る。

自分で納得しない謝罪は意味がない。

DaiGoさんの場合はカタチで謝ってると分かってしまい
逆効果なので次に活かして下さいといって謝罪にくるのを断るそうです。

相手がどれだけ被害を与えたか分かってないとそれがイライラになる。
相手がイライラしていることに触れてあげてコイツ分かってるなと思わせる事が大事。

次はもっと良い物を作ってくれるという可能性を見せることが大事。

ミスを認め相手に与えた損害をちゃんと理解してるとアピール
今後の可能性を見せていくことが大事。

これで認めてくれない人は相当なサイコパスな可能性がある。

相手の長所を褒めると長期的な関係になりやすい。

スポンサーリンク



ポチッと応援クリックお願いします↓


ビジネス書ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)