脳科学で習慣化する方法とおすすめの本

腕立て1回から始める「いい習慣を量産する技術」
▼デューク大学の研究によれば人生の45%は習慣的行動
▼悪い習慣がストレスを、ストレスが悪い習慣を繰り返させる負のループを抜け出すには
▼3日坊主の原因「熱意逓減法則」を打ち破るには
▼習慣化の兆しを見極めれば、着実にいい習慣を量産できる

今回の参考文献おすすめの本
スティーヴン・ガイズ の 小さな習慣

こちらは最初の30分くらい動画でも紹介してます

まずは小さい習慣から始める
小さな習慣でネガティブな感情を麻痺させる。

DaiGoさんは30歳までに苦手なチームプレーと運動を身につけようと
頑張って克服したようです。

どれくらい習慣に縛られているか?
人生の45%は習慣的行動を行っている

習慣化のテクニックを身につければ人生を変えられる。

人間は変化が嫌いだからお酒飲んで楽しくなっても
元に戻る。

嫌なことがあってもいずれ元に戻る。

急激なダイエットは水分が落ちてるだけ
だから脱水状態になり元に戻る。

急激な変化を求めて出来ていないか
正しい方法を実践していないかのどちらか。

人間は効率的なことを好む。
わざわざ会って話すよりもLINEとかのSNSで話すようになる。

人間の脳は自動的な行動とそれを監視する脳に別れる

大脳基底核で自動行動を行ってる

自動行動を監視する脳を前頭葉が行ってる。

この2つのせめぎ合いで人間は成り立ってる。

習慣を行ってるのは大脳基底核で悪い習慣や新しい習慣を
消し去ろうとしてるのが前頭葉です。

脳が疲れると前頭葉が麻痺する。

イチロー選手は習慣化を凄く大事にしている。

仕事で疲れてて呼吸するのを忘れてたという事はない。

平均する習慣は66日

運動とかの難しい習慣は265日掛かるようです。

スポンサーリンク



小さい習慣を身につける3つの方法とは

バカバカしいほど小さいことから

意志の力なく実行出来る。

良い習慣を身につけるためだけに使う

悪い習慣を止めるのには使えない。

目標を1つ決める。

英語だけ身に付ければ人生が変わるのにとか。

運動とかだといきなりスクワット30回はきついけど
1回だったら出来る。

エスカレートしていく。

まずは1回からやって体が自然にエスカレートしていくのを待つ。
1回だと物足りないなぁとかで自然に2回になるのを待つ。

自転車も最初の漕ぎ初めが一番キツい。

最初の目標を小さくすることでとっかかりしやすくなる。

本当に成功してる人は1日100冊とか本を読んでる。

例えば通勤とかの30分に本を読むだけで全然違う。

1日1時間本を読むだけ平均的な本を読むスピードで
年間に131冊の本を読める。

脳は変化を嫌うだから大きな目標を立てさせようとする。
そして失敗する。

最低レベルを作ってあげて2ヶ月くらいは最低レベルを変えないようにする。

おすすめの記事
習慣の作り方if-thenルールにおすすめの本をメンタリストDaiGoが!

スポンサーリンク



習慣にするため最低限の目標を

1日1回の目標で別に3回やっても良いとかの目標にする。
そして2ヶ月立ったら最低目標を2回にする。

いかに小さな目標にするかがポイント。
前頭葉を騙すため。

決断力がいることは出来ない。

習慣作りではなくバカバカしいほど小さな習慣作り。

瞑想とか運動とか良い習慣を身につける。

目標を上げるときは疲れてないときにする。

限界効用逓減

モチベーションがなくても出来るようにする。

達成率100%に出来る秒で出来る小さな目標が大事。

抵抗がなくなり生活の一部になる。

ちなみにこの後は城田優さんとの恋愛の放送のようです。

DaiGoさんの最新本
マンガでわかる 最高の結果を引き出す心理交渉術 (扶桑社文庫)

ポチッと応援クリックお願いします↓


ビジネス書ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)