感情のコントロールができない人にアドラー心理学おすすめの本をDaiGoが!

感情のコントロールが出来ずに振り回されず
どうすればいいかをアドラー心理学
メンタリストDaiGoさんが
ニコ生で紹介してました。

かなり感情のコントロールが出来ない人には
役に立つ情報があると思います。

最後にDaiGoさんおすすめの本も書いてます。

感情をうまくコントロールするには?

怒り(2次感情)悲しさや寂しさ
つまり1次感情に変えます。

何が原因なのか?
怒りを使って何を伝えたいのか?

仕事が適当で怒った

仕事の重要性が伝わらず不安だった。

感情で伝えるのでは無く感情を伝える。

彼氏にタバコ辞めてよ

彼氏がタバコを辞めてくれなくて心配と伝える。

なんで分かってくれないの?

分かってくれなかったのが寂しかった。

感情に振り回されない為に相手の感情を推定

感情を理解するのは無理です。
でも相手の感情を推定することは出来ます。

相手の心を読むゲームだと思う

相手が子供だったらこの子は
何を考えているんだろうと思う。

相手が猫だったらなんで鳴いてるのかなぁ?

相手が人間だと怒りをぶつけてきたら
怒りをもってしまう。

相手の怒りにのってしまったら
相手にコントロールされてると思う。

そう考えると相手にコントロールされるのが
嫌だから相手の心を推定しようとする。

罪悪感を感じさせることで相手を動かせる。

文句を言われたら言いにくいことを
わざわざ言ってくれてありがとうと返す。

相手の怒りに感謝を返す。
徹底的に感謝を返す。

この結果相手は2通り
改心するか避けるようになる。

どちらにしても自分にプラスになる。

ちなみにこれを徹底的にやったのが
イエスキリストです。

まぁ別にDaiGoさんはキリスト教じゃないですよ
と言ってました。

他人を責める労力を節約する

認めてくれない相手を責めても
認められることは無い

責める節約をして何が手に入るか。

劣等感からくる嫉妬を手放す

信頼関係の記事もオススメです。
信頼関係とは裏切りの心理学にメンタリストDAIGOおすすめの本
スポンサーリンク



他人とは比較しない

相対評価→絶対評価とプロセス評価

あの人より給料が少ない

去年の自分より充実している。

他人と比べない=自分らしく生きれる。

使ってはいけない言葉を決める。

でも、だって、どうせ等の自分を
卑下する言葉を辞める。

事実と主観を分けてマイナス思考を辞める。

凄いうらやましいなって人にも自分と同じで
きっとしんどいことがあるんだろうなぁと考える。

ライフスタイルをポジティブ返還する

感情で人を操ろうとしない

怒りに操られないように、争わず対処する
怒りを感じたら、自分の1次感情に目を向ける
冷静になるには紙に書きだすこと
問題行動で注目をひこうとしない

自分らしく生きるために
自分を大きく見せなければ相手が安心する。
自分を誇張すると、人が離れ、重圧につぶされる

貢献できる場所を作れば居場所ができる
一日一貢献日記

NOの境界線を作れば自分らしく生きれる
NOの条件を明確にするほど自由になれる
NOの境界線=自分を迷いから守る城壁

ややこしい人間関係から自由になるにはどうするか?

課題の分離で相手の問題に
踏み込まなければ依存されない

ご都合主義の楽天家ではなく、困難の中でも前向きに
行動する楽観主義につらいときにはどんな
行動をとればいいかを考えておくといい。

相手を変えるのではなく自分が変われば成長できます
変化は求めてはいけない自ら作り出すもの
自分が変わることでどう他人が変わるかを考える

コミュニケーションに勝ち負けはない
間違いを認めれば勝ち
責める隙を与えなければ干渉されない

違うことと間違っていることは違う
他人に合わせることなく違いを認める

ここで最後にメンタリストのDaiGoさんが
おすすめの本を紹介してました。

おすすめの本

ポチッと応援クリックお願いします↓


ビジネス書ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)