嫌いな上司をレッテル貼り心理学とお世辞で操る方法をメンタリストDaiGoが!

今日はDaiGoさんがニコ生で厄介な上司を手玉にとるための心理学
について話してました。

最低限の労力で上司を操る方法をいろいろ紹介してくれてました。

まずラフそうなズボンで登場して凄い夏に便利なズボンのようですね。
瞑想が凄いやりやすくてお気に入りのようです。

だぼだぼな状態から自分で調節するので
誰でもはけるズボンだしオシャレですよね。

おすすめズボン
OKI(オキ) ユニセックス タイパンツ ロングタイプ日本人にピッタリの シンプルカラー

今日は厄介な人をどうするかなので特に上司がいなくても
役に立つようですね。

厄介な人は廻りから埋めていくのがいいようです。
直接相手するとダメです。

厄介な人をどうにかしたいならその友人から攻撃する間接説得
一番効果的のようです。

厄介な人が社会でやっていけるのは廻りの友達が
意外と厄介でないからのようです。

上司受けのいい部下は行動的な部下です。

根回しとは事前確認と相談のこと
相談できる環境を作っておくことが大事。

目立つ悪いところで全体の評価が下がるボーンズ効果
なので目立った欠点を無くす。

苦手なとこを伸ばして平均にするよりも
苦手なことをお願い出来る相手を探した方が良い。

長所は伸ばし短所は任せるDaiGo流のようですね。

人間関係についての放送も前回してましたがそちらも参考になりますね。
人間関係の心理学におすすめの本をメンタリストDaiGoが!

スポンサーリンク



効果的なお世辞の言い方

お世辞は上手いも下手もない。

内容はどうでもいい。

先輩の今の言葉歴史の1ページに刻まれましたとか
適当なことでもお世辞は何でも通る。

コツは比較対象を出して強調すること。

簡単なセリフはすごーいのように伸ばすと効果的のようです。

驚くときは眉をあげるアイブロウフラッシュが効果的です。
眉を上げて驚くと楽に表現できる。

レッテル貼りの心理学で洗脳し嫌いな上司を操る方法

人を変えるならあなたは○○な人というレッテルを貼る
○○さんは最後は助けてくれるじゃないですか~とかそういう使い方ですね。

部下がどうしようもないと言ってる人は大抵は上司がどうしようもない。

他人にレッテルを貼られたらレッテルを貼り直してやるのが良い。

苦手な人でも味方に付けておいた方が楽です。
敵を作らないでおくが大事ですね。

このクラスの子は綺麗好きだよねとレッテルを貼ると
実際にゴミを捨てるようになったようです。

何もしないと20%で注意すると45%でレッテルを貼ると
80%の人がゴミを捨てるようになる。

なので上手にレッテルを貼るのがいいですね。

上司だけにお世辞を言うと反感をかうので
部下にもお世辞を言う。

上司だけにお世辞をいうと一番評価が低くなる。

キャッチコピーの練習だと思えば良い。

最強のお世辞は3つある。

ジョークを笑い、自慢を褒めてあげて
いかにい好かれているか評判を教えるお世辞が最強です。

騙されたと思ってやってみると面白いくらい人を動かせるので
楽しいようです。

相手が当たっていると思うことを言えば良い。
つまりお世辞を言うと認めたくなるので全部当たる。

同じブランドや趣味とか興味を持ち教えを請い目の前で頑張ると給料がアップする。

教えて下さいは知識を得ることが出来るし見方を増やせる。

その件に関しては○○さんが詳しいと思いますよ
と紹介することで面倒を避ける。

人たらしの放送も凄く参考になりますよ。
人たらしで給料を上げる方法とおすすめの本をメンタリストDaiGoが!

スポンサーリンク



嫌いな上司をお世辞を使った心理学で操る方法

年齢が上がるほど説得は難しいです。
プライドをくすぐることがいいですね。

相手の武勇伝とかを頭の中に入れておくとかメモっておいて
それをくすぐって説得すると受け入れられやすい。

相手の過去を肯定することが基本的には効果的です。

あまり自分の自慢話とか言わない上司には
社会的証明を持った事実だけを伝えるのがポイントです。

経営者は自分と似た判断タイプの意見を採用する。
直観的な判断分析的な判断に分ける。

ポジティブな表現の方が上司は動く

廻りに人がいる時に褒めた方が効果的です。

他人が褒めてましたよと相手を褒めると信憑性が30%あがります。
なので他人が褒めていたよと伝えると効果的です。

クリエイティブな褒め言葉が出来るようになると
あいつは目の付け所が違うと評価が高くなる。

褒め言葉が凄いと思わせるようになればいいですね。

褒め言葉で相手を変えることが出来る。

ポチッと応援クリックお願いします↓


ビジネス書ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)