友達や社会人で人脈を広げる方法におすすめの本

たった5分で人脈を増やす!コミュ障でもできる
「5分間ネットワーキングトレーニング」というタイトルで
メンタリストDaiGoさんがニコニコで放送してました。

▼人脈作りに有効なのは「相手に合わせて話す」「素を出して話す」のどっち?
▼アダム・グラントの5分ルールで負担なく、頼れる人脈は作れる
▼トロント大の研究でわかった人脈作りで疲れてしまう本当の理由とは・・・

コミュ障の人も最初の3~4回会うとコミュニケーションが得意な人と
それほど変わらなくなるようです。

だから最初にどうゆうふうに話せば良いか分かれば
コミュ障は解決する。

こちらのYouTube動画は急上昇ランキングにも載って
16万再生してますね。

30分ほど解説してます。
だいたいいつも1時間30分くらいだから1/3くらいの内容ですね。

内向的な人は相手の気持ちが分かりやすい。
だから数回会うと内向的な方が有利。

俺友達たくさん持ってるぜっていう六本木とかの人は
金持ちか金持ちと思われてるだけ。

ミミッキィングでリアクションを取る

相手が話す最後の言葉を繰り返す。
バックトラッキングに似てる。

○○でビックリしたんだよね。
ビックリしたんですね~という風に最後の語尾の単語を繰り返す。

これをやってもだいたい相手は気付きません。

ミラーリングとかの相手の仕草を真似するのも効果的だけど
真似がバレると逆効果のようです。

相手の言葉を繰り返すことは悪いことではない。

他人の悪い噂話をすると自分も悪い噂話をされてると思われる。

スポンサーリンク



人脈を広げるトーク術とは

ポジティブゴシッピング
他人のことを良く言う噂話

褒める人は好かれます。

悪口にのってしまうと自分も悪く見られる。
悪口を言う人には感情に共感する。

イフゼンプロファイル
行動に一貫性があると信用性が上がる。

一貫性があると安心感がある。
取りあえず寿司を頼めば喜んでくれるかなとか。

信頼感は相手の行動が予測できる。

人間関係を深めるための接触回数
接触回数が多いと好きになる。

スポンサーリンク



人脈を広げるための親密度の意外な関係

200万人の男女で800万件の通話を検証して
15日に1回の連絡で親密度がますようです。

だから2週間に1回メールか何かで連絡し合うようにする。
グーグルカレンダーとかで自動的にメールする日を決めても良い。

自分の素のキャラを隠すより
素のキャラを出す方が交渉の成功率が上がる。

自分の素のキャラを隠すと不安が高まる。
つまりパフォーマンス能力が低下する。

人脈を広げるのにおすすめの本

ペンシルバニアのアダムグラントの5分ルール
ネットワークを維持するのに一番簡単なのは他人に物を与える。

ギバーとテイカーとマッチャーの3種類がある。

与える人と貰う人と与えた分を貰う人。

結果的には与える人が一番成功する。

テイカーは成金までは成れるが成功者にはなれない。

目の前に来て5分以内に出来る事であればすぐしてあげる。

自分からわざわざ行って助ける必要はない。

おすすめの本
GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代 (単行本)

この本をはいかに与えることが大切かを書いてあって
メンタリストDaiGoさんがおすすめしてました。

ちなみにこの本については別の記事で詳しく紹介してます。
プレゼントの心理学で人心掌握術とはDaiGoがおすすめの本

人間関係で悪影響が出るとき

仕事ありきでネットワーキング
成果を求めないでネットワーキング

仕事ありきだと人間関係に臆病になる。
この人お金になるかなとなる。

それ以外の関係にもお金になるかという関係。
つまりビジネス交流会のようなやつですね。

あれは自分が臆病になるだけ。

フラットな関係で繋がるから良い。

仕事っぽい関係になるとプレッシャーになる。
だから楽しくなる。

仕事になったら良いけど別にならなくても良いよねという関係

写真の人物の感情を当てさせたら
実験ですよと言われたグループはテスト結果が悪かった。

一般常識ですよと言われてテストすると感情を当てられたようです。

自分の観察能力が高いから余計なことを考えてるだけ。

なので不安対策をするだけで自分の能力が出せる。

まさにDaiGoさんがそうですね。

最後にヌコ様の誕生日プレゼントでキャットタワーを公開してました。
頼むと1つのハコに全部収まるから梱包するとそんなに大きくない。

おすすめ猫アイテム
pidan キャットタワー 猫タワー 猫用品 爪とぎ 木製 据え置き 突っ張り 幾何学デザイン ほぞ接ぎで組み合わせ 金属部品を使用しない ニュージーランド産のパイン材

スポンサーリンク



ポチッと応援クリックお願いします↓


ビジネス書ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)