仮想通貨のインサイダー取引とはおすすめの本も

房総理お金と投資の授業~ビットコイン特別編!?というタイトルで
メンタリストDaiGo房総理がニコニコで放送してました。

昨今のビットコイン騒動から、今後のビットコインや電子通貨の可能性を考察。

ビットコイン投資の落とし穴を避ける方法まで、ファンドオブザイヤー受賞ファンドマネージャーの房さんと対談放送です。

ちなみに仮想通貨の特許も申請中の人です。

ナカモトサトシが2009年の論文から始まった。

当時は遊びのための論文だった。

ブロックチェーン自体はセキュリティは強くない。

銀行通帳をネット上で管理しているだけ。
コインチェックは起こるべきして起こった。

セキュリティーのしっかりした仮想通貨はまだ出来ていない。

取引所以外の問題もある。
パスワードを忘れたとかもそう。

国際レベルでもいろんなセキュリティーレベルがある
EALとかのセキュリティーレベルで7段階ほどある。

7番目の一番高いのが核兵器を押すボタンとかですね。

フェリカは金融の中では一番セキュリティーが高いセキュリティーレベル6です。

スポンサーリンク



銀行の場合は外貨準備高といってバックがあるので
急激な値動きはないけど仮想通貨はそれがないから急激な変化がある。

仮想通貨は元の価値がないから変動が大きい。

仮想通貨にはインサイダーがない。
FXもない。

インサイダーがあるのは上場してる株式のみ
もし法律が出来たら中央銀行もインサイダーになる。

介入とかできるから。

おすすめの記事
房広治とメンタリストDaiGoがお金と投資ブルーオーシャンの見つけ方とおすすめの本

仮想通貨は日本だけで海外は暗号通貨。

暗号通貨の今後は明らかにセキュリティーが弱いからセキュリティーを上げる。

買いオペが出来る通貨が必要。

NEMは追跡が出来ているだけで捕まえることはできない。
中央管理サーバーが必要になってくるのではないか?

ビットコインのマイニング電気料がデンマークの電気量を超えたようです。

ブロックチェーンはP2Pの考え方を応用した。

ブロックチェーンの電気代を例えると会社でハンコ1つでいいのに
ブロックチェーンだと5000人のハンコを貰わないといけないとか
どんどんハンコを貰う数が多くなる。

それがみんなで管理するということですね

スポンサーリンク



クレジットカードのサインも裏を見れば真似して書けるから
セキュリティー的にはよくない

スイカの方が銀行より安全。

おすすめの本
フェリカの真実 ソニーが技術開発に成功し、ビジネスで失敗した理由

スウェーデンはお金の配送に2兆円掛かってたから
全部電子化した。

トランプさんは元々芸人さんだったようです。
日本で言うとこのテラスハウスのような番組に出てたようです。

おすすめの本
バリュエーションの教科書

これは論破動画で面白いと言ってました。
途中完全に言葉が詰まるとこがあります。

ポチッと応援クリックお願いします↓


ビジネス書ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL