交渉で緊張しないおすすめの方法をメンタリストDaiGoが!

メンタリストDaiGo交渉術初級編というタイトルで
ニコ生で放送してました。

今回の交渉の心理学初級では
そもそも、いいうまい交渉とはどういうものなのか?

交渉をする際の意外な落とし穴とかも話してくれてます。

交渉力をあげる意外な方法も教えてくれました。
それと交渉力を上げ緊張をなくすトレーニングとかも放送してました。

内容をまとめてみました。

交渉に関してはかいろいろと話してくれてるので
他にも知りたければカテゴリーから交渉を選んでいただければ
いろいろと凄い情報が書いてますよ。

例えばこちらの記事がオススメです。
印象操作の心理学におすすめの本をメンタリストDaiGoが!

交渉におすすめな場所とは

交渉自信がなければうるさいところで交渉すると良い。

騒がしいところで交渉すると自分の説得力の無さを打ち消してくれる

自信があれば静かな場所で交渉すれば良い

金銭面は先に交渉した方が良い。

電気屋とかでもいきなり半値とかで無理な交渉すると拒絶するので

ギリギリのラインを攻めてみるのがいい。

海外とかだったらふっかけられてる可能性があるから
半値とかで交渉してみる。

それでダメなら他に行きますと言ってみる。
そこで引き留めてきたら値下げが出来るということですね。

出来なければ他でも売ってるのでそこで買えばいい。

名刺交換もどちらの型から交換させて貰えば良いですかと聞くと
誰が決定権があるかが分かる。

暑いときは人間は攻撃的になるので交渉する部屋の温度を下げる。

相手が額に汗がにじんでるときは交渉しない方が良い。

ちなみに野球で気温が32度を超えるとデッドボールの数が増えるようです。

ホームで交渉するのが一番良い。
発言力が増える。

情報収集したいときはアウェイが良い。

まばたきの回数は1分に20会が普通のようです。
それより速ければ自分の方が有利です。

ジョージブッシュマイケル・スタンリー・デュカキスの演説で
マイケル・スタンリー・デュカキスはまばたきを1分に60回してたようです。

プロでもそういう状態になるので素人ならもっと分かりやすいようです。

他にも交渉に関してはいろいろとおすすめの記事はありますが
一番アンケート結果が良かったのがこちらの記事です。
メンタリストDaiGoが相手の心をつか方法を!

緊張をなくす方法

緊張をなくす方法としてはやはり罰ゲームが一番良いようです。

失敗したときになんとかする能力がないから緊張するのです。

DaiGoさんの場合は1ヶ月やったようですが1日1回罰ゲームです。

例えばコンビニでアイスを買いレジで温めてくださいという。

上級レベルになるとおにぎりとお茶をコンビニで買ってそれを鞄に入れて
またすぐに戻って自分の顔を指さしてこの顔見なかったか?という。

「バカモンそいつがルパンだ!」というらしいです。

相手の目を見れないときは相手の目と目の間を見るとか
目の動きを見ると自然と目を見れるようになる。

討論番組では自分の一番得意分野に持ち込み話すのが良い。
だからいかに自分の得意分野に持ち込むかですね。

最後におすすめの本を紹介してました。

おすすめの本
脳を鍛えるには運動しかない!
最新科学でわかった脳細胞の増やし方
ジョンJレイティ

ポチッと応援クリックお願いします↓


ビジネス書ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL