ユダヤ人大富豪の教えの名言やおすすめの本をメンタリストDaiGが解説

東洋のユダヤ人「客家」の大富豪になるための教えを解説してみた前編というタイトルで
メンタリストDaiGOさんがニコ生で解説してましたね。

華僑の10%に満たない客家が、華僑の30%富を持つのはなぜか大義名分ビジネスで
多くの人の協力を集める方法や、準備がなければチャンスはリスクになる事などを解説してます。

動画でも少し解説してます。

キンドルアンリミテッドに加入してたら無料で見れるようです。
もちろん今回解説するおすすめの本はこちらです。

おすすめの本
客家大富豪 18の金言

客家(はっか)大富豪の教え

おすすめの本
人を動かす 文庫版

これは一度は読んだ方が良いようです。

おすすめの本
客家大富豪に学ぶ TAO・永遠の成功のための18法則

こちらの本もいいけど内容はちょっと抽象的かもと言ってました。

準備してなかったチャンスはリスク

人はチャンスを掴むために準備をしておかないといけない。

やみくもにチャンスに飛びつけばいいわけではない。

安売りには終わりがやってくる。
牛丼の安売り競争みたいなもんですね。

人間関係にも安売りには終わりが来る。

嫉妬は成功を遠ざけて愛嬌は成功を引き寄せる。

有名人とかの成功した人に文句をいったところで
成功を遠ざけるだけ。

愛嬌を振る舞うことで可愛がって貰える。

嫉妬と負けたくないという感情は別です。

汗水垂らして働くよりも頭を使う。

対談ではやはりホランダー先生が神回ですよね。
オックスフォード大学でホランダー先生とメンタリストDaiGoがニコ生史上初の対談
スポンサーリンク



ゼロコスト成功戦略は笑顔

1日の怒りを忍んで100日の憂いを免れる

騙されるのは自分の責任

上手くいくと思っているときこそ騙されやすい

自分より情報通な上手な人と組むときは騙されやすい
リスクを常に考えること。

どのような人とも交わるのは簡単だけど信じることはとても難しい。

他人を責めることは繁栄のための時間を無駄遣いして自分を袋小路に追い込んでしまう。

第一印象で悪いイメージを与えてしまった人に印象を良くさせようと
努力するよりも新しい出会いに良い印象を与える方が効率が良い。

他人を恨む気持ちは的だけでなく幸運を運んでくる人も遠ざけてしまう。

相手を許すことによって心を開かせ、思い通りに操る事が出来る。
ここで新人YouTuberの松居一代さんの話題に脱線w

相手を信じることは信じた先の結果全てに責任を負うということ。

人のいい人は人に欺かれる
馬は人に乗られる=能力のあるいい人は徹底的に使え

仕返しや復習をしても1円も儲からず孤独になっていくだけ。

退却は才能だ。
金儲けとはリスクをコントロールする事です。

大抵のことはリスクではない。

DaiGoさんにとっては会社に縛られる事がリスクだった。

人によってリスクには違いがあるからそこにチャンスが生まれる。

壁にぶち当たったら自分の得意なジャンルに戻って感を取り戻せばいい。

房総理とはちょこちょこ対談放送してるよね。
メンタリストDaiGoと房総理が対談でビジネスにおすすめの本を!
スポンサーリンク



予想をお金に変えるのが投資

将来が見えない時は分散投資で将来が見えたら集中投資すれば良い。

よくわからない多くに投資してしまう分散投資の中にこそリスクがある。

自分の管理できるリスク以上のことはしない。

相手を安易に信用してはいけないけど信用されないとビジネスは上手くいかない。

1年降り続く雨もないし一生貧しいこともない。

何を始めるかを考えることに最も多くの時間を割くこと

始めてしまうと出来る事が限られてくる。

他人の金儲けを手伝いたい人はいない。
ビジネスには錦の御旗、大義名分が必要です。

もしいたとしても詐欺師くらい。

ちなみにDaiGoさんの性格分析アプリが出たようです。
心理学に基づいた性格診断サービス 『メンタリストDaiGo-超性格分析-究極の相性診断』というアプリです。

ポチッと応援クリックお願いします↓


ビジネス書ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)