メンタリストDaiGo心を読む方法でおすすめの本

メンタリストDaiGoさんが心を読む方法
ニコニコでやってました。

そこでやっていたおすすめの本とか心を読む
具体的な方法を紹介していきます。

まぁ心を読むと言えばババ抜きで
DaiGoさんの実力は証明済みですよね。

緊張感を読んで場を支配するには?

まばたきの回数
1分間20回が通常の回数です。

緊張すると回数が増える。

相手にとって気まずい話をする時は
目を上手に放す。

気まずい話を目を合わせて話すと嫌われます。

早速メンタリストDaiGoさんおすすめの本です。

おすすめの本

DaiGoさんにしてみると簡単だけど面白い本のようです。

いきなり難しい本を読むと本を読む気がなくなるので
心を読む方法におすすめの本のようです。

成功しているカウンセラーはみんな早口

意外と性格は関係なく早口が一番大事なようです。

最初は早口で説得力を上げて信用を高めたら
大事なとこはゆっくり話してっていう方法が
一番おすすめのようです。

早口だとこの人は今話してることに詳しいと判断し
説得力を上げるようです。

ちなみにDaiGoさんはめちゃくちゃ早口です。

先延ばしの心理学も参考になりますよ。
メンタリストDaiGoが先延ばしの心理学におすすめの本を!
スポンサーリンク



意外なしぐさから脈ありを見ぬく方法

商談とかで相手の顎が前に出ていれば脈有りです。
興味を示しいてます。

相手が目を伏せている場合はあまり脈がない。
顔と目が伏せていれば脈なし。

顎が前に向いていれば話は聞いて良いよという合図。

視線が数秒間合ってかすかな笑顔がある場合は
こちらの条件に心が傾いている状態。

足を組んでる場合は不成立になる可能性大です。

相手がずっとメガネを拭いてる場合は考えている。
メガネを拭き終わるまでは待った方が良い。

拭き終わったときに考えが終わるので終わったと
同時に本当にその答えで大丈夫ですか?

と聞いてみる。
そうすると相手は心を読まれてると思うでしょうね。

手を組んだり合わせたりする動作は
ここは通したい条件という動作。

やっている人には要注意!攻撃のサインの心の読む方法

指とか爪を噛むような動作は危ない。
相手を攻撃するニュアンス。

あなたの会社で怒りっぽい人に当てはまってませんか?

プレッシャーを与えるときは左から
安心を与えるときは右からアプローチすると良い。

上司が部下に怒るときは左から怒って
最後に右から次からちゃんとしなさいよとアプローチがいい。

心臓を守ろうとするので左がわにくるとプレッシャーになる。
このように相手の心を読む方法はいくつもあります。

そんな中でこれだけでも十分な情報だと思いますが
メンタリストDaiGoさんが相手の心を読むのに
おすすめの本を紹介してました。

社会心理学のジャンルのおすすめの本

これの心理学版の本もあるけどDaiGoさん的には
社会的心理学の本が実践的のようです。

これ1冊で十分な心理学の本でおすすめは

もの凄い分厚い本です。

ポチッと応援クリックお願いします↓


ビジネス書ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL