メンタリストDaiGoピラミッドダービーやらせ検証してみた!

さてメンタリストDaiGoさんですがパフォーマンスについて
やらせではないかという噂があります。

そこで検証してみたらDaiGoさんのパフォーマンスが
やらせである事が分かりました。

まぁそもそもDaiGoさんはパフォーマーではないんですけどね。
テレビしか見ない人は恐らく心理を利用したマジシャンと思ってる人も多いようです。

実はメンタリストDaiGoさんはテレビが嫌いです。
知名度を上げるために利用しいてるだけですね。

さんの松丸亮吾さんは東大ナゾトレとかの謎解き制作集団サークル
Another Visionという集団の代表をしていてテレビでもよく出演されてますよね。

ちょっと弟さんとDaiGoさんは生活が全然違うかもしれないですね。
まぁということでDaiGoさんの本名は松丸大吾さんなんですけどね。

まぁその辺は別の記事で書いてるので参考にしてください。
メンタリストDaiGoの本名と弟4人の名前

ちなみにDaiGoさんとウィッシュのDAIGOさんの違いは
大文字と小文字の使い分けですね。

ウィッシュのDAIGOさんは全部大文字でメンタリストDaiGoさんは
DとGだけ大文字です。

スポンサーリンク



DaiGoさんの凄いとこはマジックと心理学を利用して
メンタリズムという心理術ですね。

さてDaiGoさんですがやらせなのか本当なのかについてですが
ズバリ答えから言うとやらせと本当と両方があるので
それぞれのパフォーマンスについてやらせなのか検証を解説していきます。

メンタリストDaiGoのフォーク曲げはやらせなのか?

フォーク曲げに関してはよくテレビでも公開してますが
講演会とかそういったとこのさわりで受けが良いみたいですね。

このフォーク曲げに関してはズバリ本当です。

DaiGoさんはフォーク曲げが出来るようになるまでに
もの凄いフォークを購入したようですね。

金額にすると100万とかそれぐらいはいってるのではないでしょうか?

簡単に曲げているようでもの凄いテクニックを使ってるんですね。

一度ニコ生でも少し解説はしてたけど言われてスグできる人は
一人もいませんからね。

毎日毎日フォーク曲げの練習をしてやっと習得した業ですからね。

スプーン曲げよりもフォーク曲げの方が圧倒的に
パフォーマンスが上がりますからね。

YouTubeとかでもフォーク曲げしてる動画があるので
それを見ると少しは分かるかもしれないですね。

まぁいかに力を入れてないように見せて
曲げるかというテクニックですよね。

手を伸ばしきって一番力が入る一瞬に曲げて
それを分からないように演出するテクニックですね。

DaiGoさんのフォーク曲げの練習量は半端ないですよ。

めちゃくちゃフォーク曲げについてはパフォーマンス出来るレベルまで
かなり練習してます。

印象操作に関して紹介してる記事もあるので良ければ参考にして下さい。
印象操作の心理学におすすめの本をメンタリストDaiGoが!

スポンサーリンク



メンタリストDaiGoのババ抜きはやらせなのか?

DaiGoさんのパフォーマンスで面白いのがババ抜きですね。

特にホリエモンとの勝負のババ抜きは面白かったですね。

まぁこれに関してもズバリやらせではないです。

心理テクニックですね。

YouTubeでもDaiGoさんが解説してくれてます。

どこにババがあるかは分かってなくて
通常たとここにおくんですけどっていいながら相手の顔の動きが
どう反応をするかを見て本当の事を言ってるかどうかを見抜きます。

なので普通はここには置かないとか言って相手が安心した表情をすると
そこがババということになる。

だからその表情を一瞬で見抜いて普通ではここに置かないけども
あえて置いてるのではないかとか相手を心理で揺さぶってるんですね。

だからやらせではないんだけど不思議ですよね。

メンタリストDaiGoのピラミッドダービーはやらせ!</2>
ピラミッドダービーに関してはやらせです。

実際に出演した池袋絵意知さんさんもブログで
編集ではなく捏造とTBSを避難してます。

双子を区別するコーナーで正解したのに不正解扱いにされたようです。

これはダメですよね。
完全にやらせ番組です。

収録では5回戦の予定が番組の収録上の問題なのか
ピラミッドダービーの番組では4回戦が最終戦になってました。


まぁ最終的にはTBSが池袋絵意知氏に謝罪してましたね。
演出の一環で行き過ぎた編集という内容でした。

ちなみに「ほこ×たて」でも似たような演出がありましたよね。
結果「ほこ×たて」はやらせを認め番組を終了しました。

まぁ「ほこ×たて」の場合はやらせがあまりにもひどすぎましたからね。

鷹VSラジコンカーでは追いかけてこないから
追いかけてくるようゆっくり走らせてとかね。

カメラ側の敷地を走らせてとか猿vsラジコンカーも
猿に釣り糸を付けて追いかけさせたりと動物虐待もあったりね。

スナイパーvsラジコンカーも相手がルールを破りまくったりしたそうです。

相手のルール違反でラジコン壊されて無効試合になったけど
それでは映像がパーになるからルール違反も有りにして
編集では負けた扱いにされたそうです。

その「ほこ×たて」の番組の総合演出の人とピラミッドダービーの
番組を総合演出した人物は同一人物なんですよね。

そもそも「ほこ×たて」とピラミッドダービーは
テレビ局が違うじゃないですか!

なんで番組の総合演出が同じなのか?
実はテレビ局ってテレビ番組ほとんど制作してないんです。

制作会社に番組を作らせてるんですよね。
それはどこのテレビ局も同じです。

だからたまたまその2つの番組を総合演出した人物が同じだったんですよね。

まぁテレビの時代も終わるのは分かりますよね。
だってテレビ局は番組を制作してない。

そしてネット番組が普及し始めた。
もうテレビの意味ないですからね時間の問題です。

まぁやらせとはいっても別にDaiGoさんがやらせをしたわけではないです。

さすがに優勝は編集でごまかすの難しいでしょうしもし池袋絵意知さんが
優勝してたとしたら私が優勝してたのにって成りますよね。

スポンサーリンク



メンタリストDaiGoがカラーペンでやらせ

最後に紹介するのはガチやらせ疑惑ですね。

DaiGoさんはよく講演会とかでカラーペンを当てるマジックをやります。

相手が何色のカラーペンを持ってるかを目隠しをした状態で
青色のペンを持ち上げましたねとか言い当てます。

これはほぼやらせ確定ではないかと思ってます。
私はDaiGoさんのファンでニコ生の有料会員です。

ハッキリ言って誘導で何色のペンを持つかなんて誘導は無理でしょう。
でもDaiGoさんともなれば相手の表情を見ればトークで言い当てることは
可能かもしれません。

ただ講演会とかでは目隠しをされたままで何色のペンを持ったのかを当ててます。

これはDaiGoさんがいうには目隠しを持ってる人の手の反応で
言い当ててると言ってます。

実はDaiGOさんがやらせと言わざるを得ない決定的な証拠があります。
それはマジックアイテムです。

おすすめマジックアイテム
Gowe Color Pen Prediction, Magic Tricks, Mentalism Magic by Gowe

このアイテムはメンタルカラーペンと言って日本ではあまり知られてません。
だって説明書も英語ですからね。

DaiGoさんは英語の説明書でも大丈夫ですよね。
電池とかが入ってて電磁波とかそんなやつですね。

持ち上げたときに振動で伝えてくれるとかそんな感じですね。

つまりDaiGoさんならではのパフォーマンスなんですね。

別にこれがやらせが分かったところでDaiGoさんのファンに変わりないですよ。

だってやる時にあなたが何色のペンを持ったのかを言い当てますって
DaiGoさんの売りはマジシャンではないですよね。

だから今からマジックをやりますって言わないんです。
パフォーマンスをやってるのです。

こういう性格の人はこの色を持ちやすいとか誘導しているように見せて
実は単なるマジックなんです。

それをパフォーマンスっぽくやるDaiGoさんにますますファンになりました。
英語が出来る人はちょっと高いけど買ってみると人気者になるかもしれないですね。

今回のおすすめの本はやはりDaiGoさんの本で
この講演会の時もメンタルカラーペン使ってましたね。

プレゼンに関する放送もDaiGoさんはやってたのでそちらが参考になると思います。
プレゼンの心理学ネタでおすすめの本をメンタリストDaiGoが!

おすすめの本
一瞬でYESを引き出す 心理戦略。

ポチッと応援クリックお願いします↓


ビジネス書ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL