メンタリストDaiGoが週40時間の自由を作る超時間術の本を解説

週40時間の自由を作り出すための超時間術
~時間認知のゆがみを矯正して失われた時間を取り戻すには

というタイトルでニコニコで放送してました。
まぁ最新本で超時間術の本も出版しましたからね。

おすすめの本
週40時間の自由を作る超時間術

▼時間がないのは時間認知のゆがみが原因!
▼3つのコンフリクトであなたの時間は奪われる
▼やるべきことがちっとも終わらない「時間飢饉」状態を抜け出すには、など

動画でも最初の30分は公開してますね。

忙しいと言っている人ほど時間を無駄にしている。
週40時間の無駄になっている。

やるべき事が多いのに時間がない時間飢饉の状態を抜け出すには
どうすれば良いかをメンタリストDaiGoさんがニコニコで放送してました。

時間がないと思っちゃってるから生産性が落ちて時間がなくなる。

やるべき事はそんなに多くないもっと時間はたくさんあると思えば
出来るようになる。

その感覚を身につけるだけ。

時間飢饉の原因とは
同時に二つのことを達成できない状態。

やるべき事を1つずつやれば意外と終わる。

すべての行動が目標に繋がって思えたらコンフリクトはなくなる。

ダイエットしたいけどラーメン食べたいとか
ゴールが見えない恐怖がストレスになっている。

時間がないと感じてるときは人に親切にすると
時間に余裕を感じる。

水が汚染されていると言うことは不純物が入っている。

余計な物が入ることでストレスに変わる。

読書をしながらラインが鳴るとラインを見てしまうとか
時間汚染されている。

呼吸に注目することで時間飢饉が減る。
5秒かけて息を吸い6秒で息を吐く(吐く時間が長ければずれてもいい)

これを2分するだけで時間飢饉を15%減らす効果がある。

スポンサーリンク



リフレーミング
やることを探している時間が無駄時間。

焦りの感情をリフレーミングする。
焦ってるんではなく興奮してるんだと感情をリフレーミングする

焦っている感情を違う意味にリフレーミングする
これだけで25%も時間飢饉を減らせるようです。

他人のために時間を使うことで時間に余裕を感じる。

1日15分だけでも他人のために時間を使うと2倍も
時間の余裕を感じる効果がある。

実際に時間があるかは関係なくて時間があるという感覚を身につけることで
生産効率が上がる。

時間飢饉を解消する方法

畏怖感を感じれば時間のちっぽけさを感じれる。

これは例えばお城とか宇宙の写真を見る時間を作ることで
宇宙に比べればちっぽけに感じれて時間もたくさんあるように感じれる。

スポンサーリンク



ポチッと応援クリックお願いします↓


ビジネス書ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)