メンタリストDaiGoが胡散臭い中谷彰宏がと対談おすすめの本と名言が!

1000冊以上の著書を出版されている中谷彰宏先生と「自己投資」について語り合う
とうタイトルでメンタリストDaiGoさんと対談してました。

これまでもいろんなゲストと対談放送してますが、珍しくというか
初めてDaiGoさんが主導権を握られていたように感じます。

この対談で途中までは動画が公開されてます。
かなりクレイジーで引き込まれると思います。

中谷彰宏が逮捕?

気になって中谷彰宏と検索すると逮捕というキーワードがw

えっ中谷彰宏さんが逮捕されたことあるのかなと思い
いろいろ調べてみるとどうもウナギ偽装で中谷彰宏さんが逮捕されたようです。

ではなぜウナギ偽装逮捕されたのか?

ウナギ輸入販売の会社の社長の中谷彰宏さんが水産卸売り会社と偽装隠蔽をして
逮捕されたたようです。

ただこの逮捕された人は魚秀という会社の社長で別人中谷彰宏さんのようです。
つまり今回のDaiGoさんと対談相手の中谷彰宏さんは逮捕されてません。

スポンサーリンク



中谷彰宏は胡散臭い

中谷彰宏先生がテレビに出るようになったときにテリー伊藤さんに
いいね君は胡散臭いからいいよと言われたようです。

ちなみに胡散臭いの胡散とは怪しいさまという意味のようです。

怪しげな男性の方がそうで無い人よりも魅力的なんですね。

なんかこの辺はDaiGoさんも共感しそう。

だから中谷彰宏と言われたら褒め言葉と思って喜ぶようです。

DaiGoさんもテレビに出演した最初の方は胡散臭いと
思われていたかもしれないですね。

今でも思ってる人は結構いそうだけどw

まぁ胡散臭いは褒め言葉って事ですね。
これはある意味で中谷彰宏さんの名言ですね。

中谷彰宏さんは名言をたくさん生んでます。
いくつか名言を集めてみました。

スポンサーリンク



中谷彰宏の名言

最も相手の心に残ることばは相手の名前を呼ぶことです。

みんながやめておくべきということは是非やるべき。
これはDaiGoさんも人と違うことをやるという考え方ですからね。
確かに言われてみればと言う名言ですね

迷ったときは得にならない方を選べば間違いない。
なんかギバーの精神の名言ですね。

面白いから一生懸命やるのでは無い。
一生懸命やるから面白いのだ。

なるほどねという名言ですね。

ドアは閉めるためではなくて開けるためにある。
なんか今日の話を聞いた後だと開けっ放しで散らかしそうなイメージだけど。

茶こしが完璧すぎると茶柱は立たない。

あの人だから出来たんだといった時点で失敗者協会に自ら入会している。

コメディアンにとって自分の不幸ほどおいしいネタはない。

風に乗れば頑張らなくても飛ぶことが出来るのです。
なんかうなずく名言ですね。

さすがCM業界にいただけあっってコピーライティングは凄いですね。

スポンサーリンク



中谷彰宏のセミナー

中谷彰宏さんは大きなセミナーとかではよくイリュージョンとかやるようですが
あれはタネを仕込んで後でどうやって回収しようかそれが難しいようです。

セミナーの様子の動画はこんな感じです。

大阪と東京と名古屋では定期的にセミナーを開催しているようです。

セミナーワークショップグループレッスンとかいろいろやってるみたいですね。

1対1のコンサルティングもやってるようです。

セミナーとか2時間で27000円とかだからコンサルだと
けっこう高そうですね。

ちなみに中谷彰宏さんで検索すると鈴木杏樹と出てきたので
いろいろ調べてみると一度週刊誌かなんかで交際してるとか取り上げられたようです。

ただ中谷彰宏さんは一生結婚しそうにないですよね。

中谷彰宏はアムウェイ?

中谷彰宏さんで検索するとアムウェイとか出てきたので
いろいろ調べてみたら何度か著書の中にアムウェイの中島薫について
書かれているようです。

まぁネットがそれほど普及してないときに書かれている著書なので
今ではアムウェイの事とか書いた本はないみたいですけどね。

当時はアムウェイはマルチ商法とかたたかれてない時代に書かれた物なので
そんな意識せずに書いてかもしれないですね。

まぁアムウェイとも関係はなさそうですね。

アムウェイで稼いでる人なら本を1000冊以上も出版しないですからねw

1000冊以上も出版してたらそれはいろんな人のことを書いてるでしょうね。

それでは本題としては自己投資についてDaiGoさんと対談してたのですが
どうも自己投資というか事故投資っぽい話が多かった気がします。

まとめにくかったですがそれなりにまとめてみました。

ホリエモンとは違って珍しくDaiGoさんが主導権握られてましたね
ホリエモンとメンタリストDaiGoが人狼カードゲームの対談

メンタリストDaiGoと中谷彰宏の対談

中谷彰宏先生の自己投資体験に投資している。

中谷彰宏先生は表フェチのようです。
ここはこの表の方が分かりやすいのにとかそんな感じです。

あの子だけは関わらない方がいいよって人に関わりタイプらしい。
それはDaiGoさんも分かると言ってました。

さすが1000冊以上出版してるだけあって話題が次から次に出てきます。

名言本が多くてコピーライティングが得意。
CMとか作ってたらしい。

昔は二段ベッドで妹を寝かす役目だったらしい。

そこで分かりやすく伝えることについて鍛えられたようです。

DaiGoさんは自己投資と思って本を読んでいない。

娯楽で消えると消費。

これ痛いよねって額を投資しないと自己投資と言えない。

スポンサーリンク



前走ってる奴に追いつくには勉強で追いつくしか無いと言うことで
大学の時は一番前の席でいろんな本を読みながら受業を聞いていたようです。

先生からは君怖いんだよね。
一番前で違う本読んでるのに先生の話聞いてたまに笑ったりしてる。

後ろの席だと授業聞かずに話してる連中がいるからそれを排除するために
一番前の席で先生の話を聞きながら別の本も読んでいたようです。

桃太郎の話でMVPはおばあさんだねという話をしてました。
普通はあんな桃が流れてきても洗濯物置いて桃だけ持って帰らないよ。

おじいさんは芝刈りに言って後は友情出演だけでかわいそう。

MVPナンバー2は犬のようです。
たったきびだんごで行くっていう。

DaiGoさんは桃太郎はおばあさんが桃を持って帰っておじいさんと食べて
若返ってそれで桃太郎が生まれたというのが本当の話のようだという話をしてました。

それじゃあ近所にみっともないから桃から生まれたことにしておくか
ということでこういう話になったんだと中谷彰宏先生は解釈してました。

こんな感じで本に感情移入するようです。

歴史とかも覚えようとするのでは無くて感情移入するようです。
日清戦争とかもサッカーのFIFAランキング的に考えて当時は強かったのに
勝ったかぁとかそんな感じで読んでいる。

中谷彰宏先生の自己投資は変わっていてスペイン人と付き合いたいと思い
スペイン語講座を学び全く役に立たなかった話してました。

他にも好きな子が美術館巡りが好きという話を聞いて自分も詳しくなるために
美術館巡りした話とかもしてました。

それが結局は新しい体験という自己投資になってるようです。

コスパは上限が決まっている。
投資は上限が決まっていない。

好きをお金に変えてお金を好きに変えていく。
みんなはお金お金になっている。

いろはす一口で1時間半話してました。
余裕で8時間くらい話せるようです。

そんな中谷彰宏先生も凄いと思った人は荒俣宏さんのようです。
本の打ち合わせでコーヒー1杯で6時間半話してたようです。

最後にところでどんな本にしましょうと言われたようです。
そこから別日に本の対談を6時間半またやったようです。

なかなかめずらしい放送ですね。
アンケートでも過去2番目の高評価でした。

一番良かったのはイギリスからの放送ですね。
オックスフォード大学でホランダー先生とメンタリストDaiGoがニコ生史上初の対談

普通は対談でもDaiGoさんがメインで話すんだけど
今回は中谷彰宏先生がほとんど話してDaiGoさんが聞き役でしたね。

貧乏な人はどうやって楽しむか?

子供の時はない予算で駄菓子屋で選ぶのが楽しかったが
大人になって大人買いが出来るように成りなにかを失ってる。

中谷彰宏先生さんはかなりぶっとんだ人ですね。

凄い感情移入がヤバイ人でコンビニで弁当を買うときも
ずっと一人で会話をしているようです。

廻りから話しかけられても全然気付かないようです。

取りあえず中谷彰宏先生の代表的な作品をオススメしておきます。

おすすめの本
ブレない人は、うまくいく。: 迷わなくなる55の方法

おすすめの本
一流の話し方

おすすめの本
好かれる人が無意識にしている言葉の選び方

ポチッと応援クリックお願いします↓


ビジネス書ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL