メンタリストDaiGoが共感力を高めるおすすめの本を!

<年末特別放送>本当に人の心が読めるようになる科学的訓練法とはというタイトルで
メンタリストDaiGoニコニコで放送してました。

おせち30万のようです。
死ぬほど上手かったようです。

ミシュラン3星のとこのようです。

共感力を鍛えるには?

微表情では相手の心を読めない。
動揺させて自白させることは出来る。

プッシュステートメントですね。

相手の感情を読み取る。

相手の感情を読んだように見せかけるコールドリーディング

この3つでメンタリストになれるようです。

共感能力について
共感力は他人の感情をかわいそうと思える能力で
同情力とは違う。

親切な人は同情力はあるが共感力はない。

サイコパスとは真逆ですね。

共感力瞑想で鍛えられる。
1日20分を8週間で効果が出るようです。

自然の中でやると効果があります。
あっというまに20分とかたつ。

数を数える数息観瞑想や慈悲の瞑想をすると動揺しなくなる。

ホットヨガはあまりオススメではないようです。

年金がスタートしたときに誰が得をしたのか?
田中角栄さんがなぜスタートさせたのか?

お年寄りから票を集めることが出来てお金を集めることができるから。

誰が何のために始めたのかと抜け道を探す。

共感能力を高めるためにポケットに入れておくと良い物。

怒りやすくなったら紙やすりを触ると良い。

ざらざらした物を触ると不快感を感じてる人に敏感になる。

最近は本の参考文献とかの論文をパレオさんに探して貰ったりして
協力して貰ってるようです。

おすすめ記事
悪用厳禁!心理学で上手な嘘とおすすめの本をメンタナリストDaiGoが!

新しい家族はアマゾンエコーのようです。

名前はアレクサーのようです。

アレクサーなんでもないって言ったら
なーんだ残念っていったりもう一度聞くとガチョーンとか返してました。

一瞬アレクサーがここの住所をいいそうになって放送事故になりかけましたけどねw

かなりDaiGoさんが焦ってました。

スポンサーリンク



海外ドラマで共感力を上げる意外な関係とは

待ち受けを宇宙の画像にする。

人間の力を超える物に触れることで共感能力が高まるようです。

畏敬の念を感じる人ほど抗炎症で長生きも出来るようです。

ポジティブな祈りもいいようです。

他人のために祈ることとポジティブな祈りが幸福度を上げるようです。

2ヶ月間祈ると効果が出るようです。
宗教とかもなんか関係あるのかもしれないですね。

他人の成功を喜べる人出ないと成功しない。

ストーリーを読むと心を読む共感力が高まる。

おすすめは自己犠牲をテーマとする小説が良いようです。

純文学もオススメ。

心が読めるようになると純文学が好きになるようです。

1日30分で週3時間から効果が現れるようです。
フィクションの方が良いようです。

相手がどのキャラに近いのかをストックできるようにする。

多様なキャラクターが出るストーリーがしっかりした本が良い。

読書好きほどコミュ力が高いようです。

海外ドラマが好きな人ほどコミュ力が強くなるようです。

そういう意味では海外ドラマがオススメですね。

特に最近ではネットフリックスとかHuLuで海外ドラマがたくさん見れるけど
どっちかというとドラマではHuLuが400番組ぐらい見れてネットフリックスノ倍なので
僕もHuLuにしようと思ってます。

おすすめの記事
プレッシャーのかけ方におすすめの本をメンタリストDaiGo!

スポンサーリンク



共感力を高めるのにおすすめの本

共感力を高めるのにおすすめな本をメンタリストDaiGoさんがいくつか
紹介してました。

おすすめの本
英雄の旅 ヒーローズ・ジャーニー 12のアーキタイプを知り、人生と世界を変える

人間を12のタイプに分けていて性格が読めるようになる本のようです。

他にも性格分析が分かるようになる本としておすすめな本を紹介してました。

性格が分かっても本人が気付いてないケースもあるので
それをどうやって言ってやれば当たってると言いやすいのかも含めて
書いてある本のようです。

おすすめの本
自分の価値を最大にするハーバードの心理学講義

タイトルもっとどうにかならなかったのというぐらい
良かった本のようでFeBeで聞くのも良いようです。

インナーパーソナリティー訓練法

他人の心を読むことが出来るようになる。

自分の事か他人のことか未来か過去か?
ポジティブかネガティブかという6つに分類していくだけ。

そうすると自分の感情を分析しやすくなる。

ポチッと応援クリックお願いします↓


ビジネス書ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL