メンタリストDaiGoがルーキーのアドリブ力におすすめの本を!

新しい世界にアドリブで乗り出せる開拓者思考を身に着けるにはというタイトルで
メンタリストDaiGoさんがニコ生で放送してました。

この日は京都の日本ホリスティック医学協会30周年のシンポジウムの
帰りだったようで新幹線の中で放送がスタートしました。

新幹線の中でもニコ生出来るんですね。
新幹線だから場所がニコ生ユーザーにバレてサインを求められてました。

ちなみに写真は京都の淡路炉端焼きごっつというところらしいいです。
ポイントは店員さんでほとんどかわいかったらしい。

今回の放送ではアドリブの対応と欠乏間がルーキーの武器という事や
失敗は挑戦しないことではじめての体験が情熱を生み出す。

というような内容を無料枠で放送してました。

会員限定からは神アドリブ力の身に付け方や
ルーキーはベテランよりもくじけない話やプレッシャーに関しても
意外とベテランは弱い話などいろいろ解説してました。

ちなみにDaiGoさんのボディーガードw

ちょっとヤバイ人ですねw
ルーキーの放送は他にもたくさんあるので見て下さいね。
メンタリストDaiGoがルーキーのファイアウォーカー思考におすすめの本を!
スポンサーリンク



ルーキーのアドリブ力

ベテランはその場に根をはる定住者である。
ルーキーのように開拓者にならないといけない。

ベテラン定住者は 既にあるものに満足している。
決まった手順に従って快適ゾーンに留まる。

ベテランルーキースマートにならないといつか時代に取り残されてしまう。

スーパーエージャーのような年の取り方をしないといけない。

ルーキー開拓者は 探検、学習、アドリブ、努力がキーポイント

目の前の課題にアドリブで1つずつ対応しながら地図のない土地を歩く
人間は未来を予測するのが苦手。

今嫌な仕事でもやって良かったと思えるときがくるかもしれない。

残業より早く終わった人に手当を上げるべき。

失敗とは快適ゾーンの外に出ないこと。
だからチャレンジしないことですね。

確実に成功する方法はない。

ルーキー開拓者は新しい仕組みを作りアドリブで行動し猛烈に努力する。

ベテランのマネをする必要はない。

人は物事にはじめて挑むとき、情熱的かつ勤勉に取り組むものです。

リソースがなければ人はリソースフル(知恵を絞る)ようになる
弁当を購入して箸が入ってなければどうするか知恵を絞る。

資源が乏しいときに創意工夫の力が高まるジュガード・イノベーション

ユーチューバーの成功もタレントや俳優のような綺麗さは無かった。
だからテレビに出ることが出来なかったのでユーチューブで成功した。

時間があれば資源の制約は想像的思考をアシスト

持ってない自分が何が出来るのかを考える。

こちらの記事もルーキーの思考におすすめです。
メンタリストDaiGoがベテランが学ぶべきハンターズマインドにおすすめの本を!

スポンサーリンク



ルーキーの強みとベテランの弱み

ルーキーは自分の能力が不足していると思ってるから
スキルを取得しようとする。

持ってないことが強みになる。

ルーキーはベテランより 44%傲慢な態度をとらないで
40%自分のニーズを後回しにする。

自分のやったことがないジャンルをしてみる。

ベテランがいるとかえって邪魔になる。

制約→アドリブ→発明→新しい世界へ!

最もモチベの高いのは選択肢のない人々

失敗したときにくじけず頑張る確率はベテランより12%高い

本田思考ですね。
伸びしろですねぇ~

フルタイム2年未満の人は2〜8年の人に比べて勤勉性が高い。

茂木健一郎さんの講演で落ち着きがないと言われて育った。
落ち着きがないことを強みとして今の自分があるという話をしていたようです。

監視下ではルーキーの方が40%も長時間一生懸命作業に打ち込む

プレッシャーに押しつぶされそうになる確率はベテランが30%高い
ベテランは守るべき物があるからプレッシャーに弱い。

ベテランは自分が経験している領域では強い。
新しい領域では押しつぶされてしまう。

開拓者になるには

資質不足の手強く居心地悪い学習ゾーンに入る

新しい分野 役割を広げる 身の丈以上の仕事

ハーフエキスパート、ジャーナリストになる。
新しい事業にも取り組んでいく。

自分を問題に縛り付ける、知っていること以上のことを行う。

出来ないことを出来ないではなくてやってみますという感覚ですね。

人が成長できるのは快適と非快適の境界。
快適ゾーンと被快適ゾーンの中間が一番ルーキーの力を発揮する。

おすすめの本
ルーキー・スマート

おすすめの本
ウンベルト・エーコの小説講座: 若き小説家の告白 (単行本)

この人は小説家でデビューしてるけど50歳にデビューしてるルーキースマート

50歳で小説家になって大ヒットしている。

どうやって小説を書くのかという事を書いてる。

意外と実用書な本です。

半分は哲学や考え方で半分は実用書的な感じのようでおすすめのようです。

ポチッと応援クリックお願いします↓


ビジネス書ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL