メンタリストDaiGoがディープワークと集中力におすすめの本を!

集中するほど時間が余る!超集中力1日の仕事を3時間で終わらせるDEEP WORK入門
というタイトルでメンタリストDaiGoがニコ生で放送してました。

集中するほど時間が余る!
1日の仕事を3時間で終わらせるディープワーク入門ということで

集中ゾーンに入り込むための方法を具体的に解説してくれてます。
リラックスするよりも没頭してる方が幸せになれる集中状態の話もしてます。

動画でも途中まで紹介されてます。

今回の参考文献はこちらの2冊です。
おすすめの本
大事なことに集中する―――気が散るものだらけの世界で生産性を最大化する科学的方法

おすすめの本
SINGLE TASK 一点集中術――「シングルタスクの原則」ですべての成果が最大になる

ちなみに今日もペリスコープで配信してました。
こういった感じでニコ生も同時配信しているようです。

今日は新しいパソコンが届いたようで自慢してました。
なんか小さくて性能が良いパソコンのようです。

おすすめアイテム
パソコン
GPD Pocket Windows10 64ビット

かなり小さくてsurfaceより少し性能が良いくらいのようです。
電子辞職くらいのサイズですよね。

これで480gなのに8GBの128GBあうようです。
しかもタッチパネルですw

今日届いたようです。

スポンサーリンク



集中するほど時間が余るディープワークとは?

集中してとっとと仕事を終わらせる方法ですね。

集中するほど時間が余る!デキる人ほど余裕があるわけとは?

人間の集中力には限界がある。
時間があるほど集中力は減っていきます。

1日の間で人間が集中できる限界の時間は3~4時間
これを週4か週5が限界のようです。

このディープワークの逆はナローワークと言います。
1つの事に専念する力を養うことが大事です。

集中力が発揮できるようになると休憩時間が無駄にならない。

休まない人は集中できない。
仕事を長くやっている人ほど仕事が出来ない人です。

集中力がある人は平均的な人より時間が余ります。

時間×集中度が仕事量になります。

最近の肉体労働とは別で頭脳労働は集中力の2乗に比例すると言って良いようです。

高い生産性のコツはまとまった時間をいかに守れるかです。
何も考えなくて良い状況をいかに作れるかですね。

これは外部刺激と自分の感情をいかに制御するかですね。

自分の不安とかを書き出すことで不安をかき消すことが出来ます。

戦略的に守らなければディープワークは出来ない。

困難で重要な知的作業はまとめて長期間中断なく行うのが良い。
一気にやってしまうことですね。

これはアダムグラントさんがやってることで1週間の内に最初の3日は自分の研究で
残りの時間を生徒の時間に使っているようです

この人は13年にはgive&takeがベストセラーで論文5本やってるようです

研究する日と学生の質問に答える時期を3〜4日ごとに交代、メールは自動応答

上手に外部の刺激に対応しているようです。
こういう人はきちんとディープワークが出来ているようです。

インスタ13人の従業員でその事業を1200億で売ったようです。

プロフェッショナルになる為には1万時間が必要のようです。
1日の集中できる時間が3時間くらいだからプロフェッショナルには最低10年必要になるようです。

スポンサーリンク



ディープワークの代替if-thenルールの構築

最高の生産性を保つためにフィードバック

自分が無条件で集中できた時間だけをカウントする。

時間を気にせず集中できるのが大切です。
これはスマホのタイマーとかで計ることが出来ます。

最初は短くても大丈夫。

だんだん長く出来るようにする。

訓練してなければ1時間持てばかなりいい。
夕方はシャローワークになるので予定を入れても大した害はない

エリートのバイオリニストは1日3.5爺神尾練習を2回に分けて行う。
そうでもないバイオリニストは7時間とか8時間長々と練習をする。

エリートは1人の練習時間が多いようです。

注意力の妨げと得られる成果を天秤にかけるメンタルコントラスト

グロリア・マークのAttention Fragmentation

注意力は邪魔が入ると短時間でも圧倒的に完了が遅れてしまう。

絶対集中出来る時間を作る。
まとめて集中できる時間が重要です。

ソフィー・ルノアのattention residue
マルチタスクはダメ。

人間の注意力はそんな簡単に切り替えられない。

集中してるように見えても残ってしまう。

あまりタスクの切り替えはやらない方が良い。

メールも1回のメールで全て終わらせるような内容が良い。

マルチタスクで仕事が出来ると思っている人はたいした仕事をしていないです。

デュープワークに入るのに儀式をする。
DaiGoさんの場合は瞑想のようです。

自動的にデュープワークに入る。
習慣化することが大事です。

普段あまりやらないことが良いです。

デュープワークとシャローワークを時間で分ける。

朝5時起きで7時までディープワークとか朝はディープワークが良い。

ディープワークを一定の習慣にしてしまう。

騙されたと思って2~3週間やってみるといい。

ディープワークだけの場所を作るのも良い。

作家とかはよくホテルなどに缶詰めになってディープワークに入るようです。

ノーベル賞のウィリアム・ショックレーは接合型トランジスタを
シカゴのホテルで作ったようです。

ピーター・シャンクマンは原稿を空の上で完成させたようです。
空の上は原稿書くしか出来ない往復便4000ドルを手配して30時間で書き上げるようです。

ディープワークのポイントは次何やるかを考えては駄目。
やるべき事を自動的に出来るようにフローチャートを書き出しておく。

そうすることで習慣化しやすい。

やるべき事はわかってるけどどうすればいいか分からないときのための4DX

もっとも重要なことだけは終わらすようにする。
どれがあれば最低限大丈夫かを考える。

多くをやろうとしたら結局わずかしか出来ない。

5個をやりたいなら1個ずつ集中してやった方が良い。

英語を習得したいなら短期間で集中してやった方が良い。

ディープワークに使う時間を最大化する。

スポンサーリンク



先行目標は結果につながる可能性がある今すぐ変えられるディープワーク時間

遅行目標は結果が出たからわかる数値、売り上げとかですね。

午後は遊んだ方が良い。

午後出来ると思ったら結局午前中にだれてしまう。

ディープワークの出来た時間とそうでない時間を記録してやると良い。

会社の中でも大切な仕事とどうでもいい仕事がある。

どうでもいい仕事は午後にやる。

シャローワークを減らしてディープワークをするには
分刻みに予定を記録してみる。

面倒くさいけど2週間くらいやってみると意外と働いていないのが分かる。

集中してる時間を考えたら意外と働いてない。

労働時間55時間以下の人が75時間働いていると錯覚していることもある
働いてるようで働いていない。

没頭してる時の方がリラックスしてるときより幸せである。

予定とずれたら修正しいたものを書く。

やるべき仕事の次に、予備時間として急ぎではないが
やっておくべき仕事を入れておくといい。

予定の空き時間で何をするべきかを考える。

フリーの時間は簡単にシャローワークになってしまう。

午前中の予定は絶対に埋めてしまう。

短時間で読み切れるおすすめの本

おすすめの本
1440分の使い方 ──成功者たちの時間管理15の秘訣

これですら長いという人にはこちらの本がオススメです。
おすすめの本
【メンタリストDaiGo オリジナルのダウンロード特典あり】図解 自分を操る超集中力

たまには自分の本も紹介するんですねw

ポチッと応援クリックお願いします↓


ビジネス書ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)