メンタリストDaiGoがおすすめの本の影響力の武器を解説

人を動かす最強の心理学「影響力の武器」について
メンタリストの視点からDaiGoさんがニコ生で
徹底解説してました。

まず承諾誘導の基本6つの影響力の武器の使い方とか
影響力の武器の合わせ技で心理戦のプロになる方法。

人を動かし、自由に生きるための影響力の秘密とは
何かという事などを話してます。

おすすめの本

一貫性の原理

態度を決めてしまうと態度を保つ傾向がある。

これを利用した方法がフットインザドアで
大きなお願いをしたい時にまず小さいお願いをして
それから1週間後に大きなお願いをする。

例えば選挙とかの看板を置いてもらうために
まず小さなシールを家のどこかに貼って置いてください。

これは簡単なお願いですよね。
その後1週間後に看板を置かせてほしいと
依頼するとOKする確率が上がったそうです。

ローボールテクニック
最初に相手に有利な条件を提示して
後から厳しい条件を提示する方法ですね。

簡単な調査に協力してもらえませんか?
調査は明日の朝7時からです。

とまぁ極端ですが簡単な条件の後に
難しい条件を出すと通りやすいようです。

スポンサーリンク



好意

好感度すで全てが決まる
ラポール
プレゼントに自然な好意を乗せるといいようです。
石田純一さんとかやってそうですね。

見返りを求めなさそうな好意は影響力があります。
DaiGoさんは本に一言メッセージを加えてプレゼントするようです。

仕事とかだと付箋とかに一言メッセージ
とかもいいですね。

どうすれば自然な好意を見せれるかがポイントです。
大事なのは中身ではなく好意です。

好意を示す方法
相手の話を驚きながら話を聞く
そしてそれに関したお願い事をする。

これは一貫性の原理も併せて利用する方法ですね。
好意を示してしまったし一貫性の原理も働いて
お願いを聞いてもらいやすい。

返報性の原理

小さい物でも与える事は大事です。
スーパーの試供品もそうですね。

無料のおまけもそうです。

この人はみんなに与えてるから
好感度も上がる。

ひいきしてくれやすくなるし
決定権を持った方が良いのではないかと言う事で
票も集まりやすい

こちらの記事でも影響力の武器について書いてます。
影響力の武器のまとめ的心理学とメンタリストDaiGoおすすめの本

スポンサーリンク



権威

権威に寄り添うと自信がつく

応援してるチームが勝ったら俺らが勝った
負けると彼らは負けた。

芸能人の元彼女という人は
ほとんどがストーカーだそうです。

利用する方法としては
出典やお墨付きを使う

誰々も使ってますよとか有名な人の名前を使い
権威効果を使います。

社会的証明

これは例えばみんながとってる行動に
真似をしたくなるような事もそうですね。

テレビが殺人事件とか事故とかのニュースを報道する事で
似たような事件が起こりやすくなります。

人は恐怖を感じると物を買いたくなるようです。
そうするとCMをみて購入したくなる。

つまりテレビとかは事件とかを扱う事で
社会的に悪い事だと分かっていて扱っているようです。

24時間テレビの募金とかもそうですね。

宣伝とかで言うと全米が泣いたとかですね。

全米泣きすぎ問題ですねw

行列の出来るラーメン屋とかもそうです。
中で待てるんだけどあえて外で待たせる感じです。

スポンサーリンク



希少性

本来は存在しない需要を引き出す効果がある。

ジャパネットとかがそうですね。
もうこの値段は出来ません。

今買わないと買えないんじゃないかというふうに
思わせる影響力があります。

おすすめの本はもちろん影響力の武器ですね。

ポチッと応援クリックお願いします↓


ビジネス書ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL