ファイトケミカルにおすすめの本をメンタリストDaiGが!

健康食品のファイトケミカルとはということで
メンタリストDaiGoが放送してました。

今回はファイトケミカルの健康食品について
いろいろと書いてみようと思います。

ファイトケミカルとは

ファイトケミカルとは植物の自衛物質です。
一般的にポリフェノールカロチノイド
それから硫黄化合物やビタミンなどです。

つまり化学物質ですね。

健康維持や改善に非常に役に立つと言われてます。
やはり健康が第一ですからね。

ポリフェノールといわれてもぱっとしないですね。

ブルーベリーやブドウのアントシアニン
これは皮ごと食べた方が良いです。

いちごものフィセチンで記憶力UPします。

なすのナスニン・クロロゲン酸は抗がん、
抗コレステロール、脂肪減少します。

動脈硬化とがんの予防にもなります。

ファイトケミカルっていうぐらいだから
戦ってくれるんですね。

緑茶と小豆のカテキンは抗ウイルス・抗アレルギー

玉ねぎとブロッコリーのケルセチンが含まれます。

しそ・セロリ・春菊・ニンジンのルテオリン
セロリのアビインは抗ストレスに効果があります。

セロリのピラジンは血管にいいし脳活性になります。

セダノライドには頭痛緩和、デトックス、リラックス
脳炎症を抑える、抗アレルギー、免疫UP、記憶力UP

大豆のイソフラボンこれは有名ですね。
でも実は大豆もやしが良いんです。

時間栄養学の放送も参考になりますよ。
時間栄養学におすすめの本をメンタリストDaiGoが!

スポンサーリンク



もやしの方が大豆イソフラボンが含まれてます。

抗がん、抗更年期にきくと言われてます。

サポニンには肝機能UP、二日酔い防止の効果も。

ごまのリグナンもいいようです。

ごぼう・さつまいもにはクロロゲン酸が含まれます。

しそ・ローズマリーにはロズマリン酸が含まれます。

いちご・リンゴのエラグ酸が含まれます。

カロチノイド
にんじんのαカロテン

βカロテンかぼちゃと豆苗、ブロッコリー
スイカにも多く、ビタミンAにも変換されて代謝UP
かぼちゃの皮に中身以上の栄養

トマトとスイカのリコピン
βカロテンの2倍、ビタミンEの100倍の抗酸化力
美肌美白効果
熱に強く油と一緒に取ると吸収率UP

とうもろこしとケールのルテイン

ホウレンソウのゼアキサンチン
目にいいルテインも

赤唐辛子と赤ピーマンのカプサンチン

温州ミカンのβクリプトキサンチン
体にとどまり目を守る

唐辛子のカプサイシン
アドレナリンが出るので脂肪代謝

レモン
エリオシトリンは抗酸化、動脈硬化予防
白い部分のヘスペリジンに抗アレルギー、抗ウイルス
皮のリモネンにはリラックス

硫黄化合物
にんにく・玉ねぎのアリシン
玉ねぎ皮にケルセチンは抗がん、抗炎症、スープに入れて煮だす
アリシンはデトックス、免疫、抗菌
ノルアドレナリンも出るのでダイエット

玉ねぎの硫化アリル

ブロッコリースプラウトのスルフォラファン(辛味)
肝臓のデトックス効果を高めて抗がん
アレルギーを抑える
SPは20倍、揮発性

スポンサーリンク



キャベツ、わさびのイソチオシアネート
デトックス、制がん、血管にいい
キャベツのケンペロールは抗炎症、抗アレルギー、抗がん、抗不安
大根にはアリルイソチアネートはデトックス
抗食中毒だが熱に弱いし揮発性なので、おろしてすぐ食べるのがいい

その他にはビタミン、テルペン系、クロロフィル
クロロフィル
抗がん作用、コレステロール低下、デトックス
セロリ

今回はDaiGoさんがおすすめしているジューサーと
おすすめの本を紹介します。

なかなか野菜を摂るのも難しいですよね。
なのでスロージューサーがおすすめです。

スロージューサーかスープにするのがおすすめです。
なのでスロージュースは上記アイテムで完璧ですが
スープのおすすめの本をDaiGoさんが紹介してました。

おすすめの本

そのジャンルのプロで吸収力とかも研究してくれているので
おすすめの本のようです。

おすすめの本

内容的には似てるが癌にならない食習慣として
おすすめの本があります。

おすすめの本

これよりもっと重めの本が良いという
ファイトケミカルを極めたい人におすすめの本も一応紹介しておきます。
おすすめの本

ポチッと応援クリックお願いします↓


ビジネス書ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL