ビットコインの今後と投資としての特性

房総理のお金の授業~ビットコインで億り人になっても幸せになれないかも仮説(仮)
というタイトルでメンタリストDaiGoと房総理が対談してました。

ビットコイン電子通貨今後についてですね。

億り人は日本人が一番多いらしい。

宝くじが当たった人と同じ現象。

投資に慣れてない人が億り人

ビットコインの今後と投資としての特性について
前年までのように何百倍もなるわけがない。

去年の初めは20万人くらいしか購入してる人はいなかった。
20代や30代が多かった。

今は100万人以上が購入している。

仮想通貨は今後もっと出ててくる。

アメリカは5000の銀行が発行した。
でも今は一カ所が発行してる。

今後はどれかの仮想通貨にまとまっていくと予想。
国毎に発行してない分まとまりやすいのが特徴。

ちなみにDaiGoさんはマイナンバーを作るために
初めてハローワークに行ったらしい。

保険者番号を発行するために行ったそうです。

オンラインで貰える書類も古いシステムで時間が掛かる。

スポンサーリンク



電子通貨と仮想通貨はとこかで一緒になる。

億り人の話では一部の仮想通貨の集まりがあって
その中でこれが上がるとそういった話があるらしい。

なのでネズミ講的な感じになってるようですね。

イーロンマスクの考え方が凄いといってました。
全てのモデルを100分の1にして考えればコスト削減になる。

田中角栄が年金システムを作った
私が当選したら年寄りになると年金が貰えるシステム。

それまでは自分が貯めたのが貰えるシステム。
年寄りの票を貰える画期的なシステム。

イギリスは年金システムから自分の働いた分だけ
貰えるシステムに変わったようです。

日本もそうなるかもしれないようです。  53分

トランプの功績は法人税を安くした。

道路も土ではなくパネルにすれば良い。

不健康税を導入すればいい。

投信は乗り換えの手数料が高い

おすすめの本
ピーター・リンチの株で勝つ[新版]―――アマの知恵でプロを出し抜け

競馬は昔は手で倍率計算で30%が運営に持ってかれる。
今はコンピューターで手が掛からないけど30%持ってかれる。

房氏対談~ビットコインの終焉と仮想通貨の未来についてというタイトルで
ビットコインの投資セミナーもやったりしてるみたいですね。

ポチッと応援クリックお願いします↓


ビジネス書ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL