スマホ読書におすすめの本をメンタリストDaiGoが!

メンタリストDaiGoスマホ読書に関する放送を
ニコ生でしてました。

スマホでゲームする感覚で
スマホ読書できると凄いことになる。

スマホ中毒性を逆に利用する

スポンサーリンク



スマホを最強の読書ツールにする3原則

紙の本の場合はだんだん厚みが減ってきたりして
達成感があるがスマホの場合は達成感がない。

疲れにくくしてやることが大事。

集中力も上げないといけないので
スマホを開けた時のアプリの数を減らす。

アプリを消せない人はなるべく2ページ目と
先のページに置いておくのがいい。

DaiGoさんはkindleとithoughtとカレンダーです。
これを最初のページに設定してるようです。

ithoughtはマインドマップのアプリのようで
パソコンと連動できるようです。

スマホを開いたらkindleアプリを開く癖をつける。

おすすめアイテムはバンカーリング

スマホ読書の欠点は記憶に残りづらい
どこの何ページだったかを覚えていない。

ちなみにオーディオブックもオススメですよね。
FeBeのオーディオブック使い方とおすすめの本をメンタリストDaiGoが!

空間記憶を利用するマインドマップアプリ

マインドマップマップアプリのいいところは
単語だけで後から検索出来て思い出すことが出来る。

kindleアプリはボイスオーバー機能
自家製のオーディオブック化出来るので便利。

一般の設定のアクシビリティでスピーチを設定すると
ボイスオーバー機能が利用できる。

iphoneの場合は線を引いたりできる。

スポンサーリンク



スマホしか出来ないスクショ速読と記憶術

キンドルアンリミテッドとは相性が抜群
X-Ray速読でまず用語だけ見てみる。

興味のある用語がどれくらいあるのか?
読むべき本かどうかを機械的に判別できる。

読み捨てが出来るキンドルアンリミテッドが
速読に向いている。

読むべき場所の取捨選択能力で
速読感覚がついてくる。

気になったところをスクショしていくだけ。
それを6回見返すと覚える。

不要部分は削除する。

スクショして削除しなかったページは
どれくらいなのかがわかる。

ノートに時間を取られない。
モバイルバッテリーは容量より速度。

おすすめモバイルバッテリー

スマホ読書のモチベーションは
電池の減りで達成感を感じる。

つまりおすすめの本というか
キンドルアンリミテッドとかで
読み放題にしてどんどん速読していくことですね。

ポチッと応援クリックお願いします↓


ビジネス書ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)