ストレスチェックテストと意志決定スタイルをメンタリストDaiGoが!

ベストな選択にこだわりすぎてストレスがたまる、を防ぐためのマキシマイゼーションテストをやってみる放送
というタイトルでメンタリストDaiGoさんがニコニコで放送してました。

5つの意志決定スタイル
論理的に考えて決めるスタイル

直観的に決めるスタイル

依存的スタイル
(他人のアドバイスに動かされる)

回避的スタイル

自発的スタイル
とっとと終わらせようというタイプ

どれも決められない人は回避的タイプの可能性が高い。

一番良いのは論理的スタイル。
合理的に考えるのが一番ということですね。

ちなみにベテラン20年の刑事さんとメンタリストDaiGoさんで
誰が犯人か当てるという番組で直観に頼る刑事さんより
DaiGoさんに完敗したようです。

良いマキシマイザーと悪いマキシマイイザーとサティスファイザーがある。

促進系マキシマイザー
メリットとデメリットを比べるタイプ

評価系マキシマイザー
値段と安定性やいろいろ比べる。

評価系は結局満足度が下がる。

促進系は良いようです。

サティスファイザーは目の前にある物だけで選択する

調べるのだったら調べて選んで終わらせる。

7段階評価テスト
マキシマイゼーションスケールテスト
問題の答えを全て足す

1問目
音楽を聴いてるときにもっと良い曲ないかなぁと探してしまうタイプ
凄く当てはまる人は7全く当てはまらない人は1の評価

2問目
今の仕事に満足していようが最高の仕事を探すのは当たり前と思ってる。

3問目
友達や恋人にあげるプレゼントで悩む
凄く悩む人は7で全く悩まない人は1

4問目
映画を見ようとすると最高の1本を観ようと迷う
凄く悩む人は7で全く悩まない人は1

5問目
何をするときでも最高の基準を定めている。
なんか難しい質問だね。

6問目
一番良い物を見つけたけど2番目ででいいと妥協する

この6問の合計して6で割って平均点を付ける。
小数点以下まで出す。

DaiGoさんは2.1だったようです。

5.5以上
4.75~5.4
3.25~4.74
2.6~3.24
2.5以下

5.5以上は相当なストレスを抱えてる可能性がある。

4.74~5.4
これもけっこうなストレスを抱えている。

3.25~4.74
普通の人ですね。

2.6~3.24
バランスとれていていい。

2.5以下
ストレスがあまりないサティスファイザータイプ

スポンサーリンク



Primaforce, ヨヒンビン HCl, 2.5 mg, 90 ベジカプセル
amazonにはないようです。

パレオさんは体調に合わなかったようです。

体脂肪を燃やしやすくなるようです。
寝る前にも飲まない。

体重×0.2ぐらいmg
60㌔なら12mg

DaiGoさんはカフェインと一緒に飲んでるようです。
コーヒーでも良いかもですね。

ProLab, プロラブ, カフェイン、200 mg、100錠

抗うつ剤と一緒はダメのようです。

ポチッと応援クリックお願いします↓


ビジネス書ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)