ストレスや不安をエネルギーの源にするおすすめの本

挑戦力が高まる不安との付き合い方
ストレスをアドレナリンに変えるには
▼ストレス指標が高い国ほど、長寿で幸せ「ストレスパラドックス」
▼不安を避けずに、ネガティブさを軽減できる活動とは
▼不安を受け入れる人ほど、カラオケのキーを外さない
▼ドキドキしやすい警官の方がミスショットが少ない
▼不安があるかないかより、どうとらえるかで結果が変わる

今回のも動画で最初だけ公開されてます。

ユーチューブは何かカメラが反転しているようでちょっと顔が変に見えますね

今日は360度伸縮するパーカーのようで気に入ったようです。
着心地が最高のようです。

ジョカトーレというブランドのようです

スポンサーリンク



自分の力で変化しないと振り回されてるという感じになる。
そうなると変化した満足度が得られない

ストレスパラドックス
日本は世界的にも長寿の国で有名

実はストレス指標が高いほど長寿

どうせなら成長になるストレスを探していく

不安を受け入れる人ほどカラオケのキーを外さないという研究もあるようです

やりがいの問題
ストレスを一切なくそうとすると

やりがいのあることをやると絶対にストレスを感じる。

挑戦することはストレスになる。

可能性までミニマムにすると意味がない

人の真似をすることはリスク

ストレスは二面性がある。
ストレスは悩みと幸福感ともリンクする。

ストレスを0にすると悩みはなくなるけど幸福度もなくなる。

スポンサーリンク



成長や達成感に対するストレスは取るべきストレス

プラスにならないストレスは処分する。

ストレスを感じるほど有意義に感じる。

口説くのに苦労したほど価値がある女性や男性に思える。

苦労して手に入れた物でないと価値を感じない。

筋トレと同じで少し負荷を掛けてあげた方が良い。

いきなり重たいバーベルを渡されても無理だけど
少しずつストレスもハードルを上げていく。

10年間1000人を対象にストレスに関する調査をした結果
ストレスを避けようとする人ほど鬱になりやすかったようです。

ネガティブな面だけを軽減するセルフ習慣を身につける。

散歩とかマッサージとかヨガとか瞑想など
ちなみにパレオさんの本にたくさん軽減する方法は書いてます。

おすすめの本
超ストレス解消法

1年間で3万人の調査で強烈のストレスを過去1年で感じたことがあるかで
感じたことがあると答えた人は死亡率が43%上がったようです。

ストレスが害を及ぼすと感じてる人は死亡率が43%上がったけど
ストレスが力になると感じた人はむしろプラスになったようです。

不安は細かい事に目がいく

不安の人の方がストレスから得るものが多い

反芻思考の人は積極的に反芻する。

反芻思考には二種類ある。

スポンサーリンク



思い浮かべたくないのに考えてしまう侵入型反芻思考
自主的に考えていく意図的反芻思考がある。

侵入型反芻思考は自主的に徹底的に反芻していく
紙に徹底的に書き出す。

向き合うことが大事

ストレスが高いプロのスポーツプレーヤーの方がパフォーマンスが高いようです。

人質にたいする警官の対応もストレスが高いドキドキしてる警官の方が
高いパフォーマンスを出し良い結果を出せるようです。

慣れてくると失敗するのは不安やストレスが減ってきてるから。

不安をエネルギーの源と考える。

不安をエネルギーと考えると疲れも軽減する

応援してくれる人を見つけてもパフォーマンスが上がる。
応援される感覚を身につけることは人を軽く応援する気持ちも大事にする。

ポチッと応援クリックお願いします↓


ビジネス書ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)