オックスフォード大学でホランダー先生とメンタリストDaiGoがニコ生史上初の対談

今回は特別放送でオックスフォード大学にきているメンタリストDaiGoさんが
オックスフォード大学のSpecial Strategic Advisor to the Department of Paediatrics
といって直訳すると小児科特別戦略アドバイザーの房広治さんとオックスフォード大学のホランダー先生
ニコ生で対談放送してました。

今回放送は凄かったですね。

オックスフォード先生と対談して同時通訳してイギリスからニコ生で放送して
日本で見れるって凄いですね。

オックスフォード大学って日本人の一般的なイメージは
普通に賢い大学だなぁというイメージだと思うけど桁外れでしたね。

今回はハーバード大学からヘッドハンティングされたホランダー先生と
オックスフォード大学に通っていてアウンサンスーチーの自宅で最初の下宿人としても
有名な房広治が同時通訳してくれながらの放送でした。

ちなみに房広治さんはオックスフォード大学院在学中にインベストメントバンクからM&Aアドバイザー部門で
就職しM&Aアドバイザー日本人第一号になった人ですね。

始めに今回は過去最高のアンケート結果で今後破られることがない
伝説の放送でしたね。

この日の対談放送は良かったですね。
ホリエモンとの対談も面白いけどね。
ホリエモンとメンタリストDaiGoが人狼カードゲームの対談
スポンサーリンク



オックスフォード大学とは

オックスフォード大学はいろんな意味でユニークで唯一にてるとこは
ケンブリッジくらいのようです。

オックスフォードは38のカレッジからなっているようです。
それを総称してオックスフォード大学と言うようです。

オックスフォード大学はいろんな分野の専門家がいる。

オックスフォードは教授も学生も非常に多い。

他の大学との決定的な違いはオックスフォードは教授の数が多い
教授が1人に対して生徒が2人とかそういう感じのようです。

500年前がそれが普通だったけどそれが現在でも続いているのは
オックスフォードくらいだと思います。

ホランダー先生のカレッジはエリザベス1世が作ったようです。

現在447年にもなる古い歴史がある大学のようです。
世界的にもかなり古い大学のようです。

ハリーポッターの撮影はオックスフォードで撮った物が多いようです。

ホランダー先生は7年前に来たようで今までと違うオリジナルなことを
考えなさいと言われたようです。

何か問題があって分からないことがあったら様々な専門家の意見の聞く。

オックスフォード大学以外にもハーバードとかいろいろな大学で
勤めたようですが非常にフラットで上下関係があまりない大学のようです。

ノーベル賞の人が講演していると時にあなたの考え方は間違ってると
言う人がいるようです。

その主張が間違ってなければ非常に喜ばれるようです。

イベント放送とかもたまにやってほしいですよね。
サーブルドールとかのイベントも面白かった。
メンタリストDaiGoがサーブルドール騎士団日本支部に潜入

スポンサーリンク



オックスフォード大学ホランダー先生の教えてる学部は

ホランダー先生は免疫の分野の専門家です。

問題があったらどうやってユニークに解決するという事に取り組んでいる。
今は新しい研究所を作ろうとしているようです。

人は1つ細胞から出来ている。
再生医療についていろいろ研究している。

ホランダー先生はスイス人です。

時計で有名ですが中の部品が一つでも壊れたら
動かなくなる。

臓器がどこか悪くなってるかを見つけることが分かれば
医療が楽になる。

ホランダー先生も昔病気になったことがあって
6年前に血液のガンが分かったようです。

血の腫瘍ですね。
まさに専門分野でしたが自分以外の専門家にも
いろんな意見を聞いて3つの専門的な治療を同時にしたようです。

化学療法免疫療法幹細胞移植をしたようです。

DaiGoさんの放送に出たまひろさんという人もこのオックスフォード大学の
ホランダー先生に履歴書を送ったようです。

アナザースカイでのDaiGoさんの授業でも聞いてたようですが
それからホランダー先生のメールを探してアプローチされているようです。

凄い積極的ですよね。

DaiGoさんにも積極的にアプローチしてDaiGoさんの事務所で働きたいと
言ってきてるようですね。

凄い行動力ですね。
ちなみにアナザースカイの時のDaiGoさんの放送はこちらです。

ホランダー先生は免疫に関する事を研究しているけど
どうやって自分の中の物なのか外から来た物かを判断するのかを
研究しているようです。

オックスフォード大学のホランだー先生はアナザースカイで
いろんなとこに連れて行ってくれた人のようですね。

ちなみにリンパのガンは90%の人がなくなる病気のようです。
それを自分で研究して治したということで凄い人ですね。

化学療法免疫療法幹細胞移植という3つの治療ですが
詳しくは正常な細胞を体外に取り出してそれを培養して
また体内に戻して治したというかなり高度な技術で
なかなか今でもそんな治療やってくれるとこないですよね。

もう完全にマンガの世界の存在のホランダー先生に
DaiGoさんも今日はけっこう緊張してた感じでしたね。

IPSとかよりももっと凄いことでかなり尊敬している人のようです。

ちなみに探してみたらやはりホランダー先生は本を出版してましたが
日本語版は見つからなかったです。

ポチッと応援クリックお願いします↓


ビジネス書ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)