アイデアが生まれやすいノートの取り方でおすすめの本をメンタリストDaiGoが!

DaiGo流ノートの取り方講座というタイトルでメンタリストDaiGoが
おすすめノートの取り方を紹介してました。

今回はどちらかというとアイデアが生まれやすいノートの取り方でしたね。

ちなみにちょっと前にライザップボディーメークコンテスト審査員
ノートを取ったらしくそれを公開してました。

スポンサーリンク



ノートは1冊にまとめる

ルーズリーフダメです。

ノートのルールは時系列にまとめることだそうです。

なんといっても復習しやすいそうです。

貴重な情報がどこに入っていたかを分かるようにする。

複数持ってると持ち歩かなくなる。

1冊だけだといつでも持ち歩ける。

ノートは必ずお気に入りの物を使う。
そうすることで復習する頻度が上がりやすくなる。

数学も英語も全部1冊にまとめます。

初級としてはノートは薄い方が良いです。

なぜ薄い方が良いかというとノートを使い切ったという達成感ですね。

学生の頃に勉強するノートで使い切らなかったことがありますよね。

やはりモチベーションのアップに繋がるので最初は薄い方が良いです。

人間は空間と関連付けて覚える習慣があるので
ルーズリーフだと順番を変えることが出来るノートはオススメできないようです。

ルーズリーフが絶対ダメというわけではないけども
DaiGoさんは絶対にノートをオススメするといってました。

おすすめのノート
アピカ 紳士なノート Premium C.D.NOTEBOOK A4サイズ 無地 CDS150W

罫線が入ってないのでアイデアが生まれやすかったりしていいようです。

ノートは綺麗に取ろうとしない。
汚い方が思い出そうとするので逆に良い。

安いノートより高いノートの方が復習の頻度も上がりやすいですからね。

ノートは持ち歩くのが大事です。

スポンサーリンク



3ワードノート術でアイデアを

レビュー・アイデア・モチベ

この3つのワードで最初の話をしたそうです。

レビューで復習が大事と思いだという話

アイデアでまとめるからアイデアが生まれやすい。

モチベで高いノートとか薄いノートモチベーションが上がりやすいから
復習をしやすくなるとかそんな話ですね。

そういったノート術です。

その3つのワードでどんな話かを思い出すそうです。

ノートの取り方はタイトルと気になった箇所のページ数とワードを3つですね。

そして大事なのが少し間隔を開けて次のワードを3つ書く感じですね。

復習で3つの単語を見てなんだったっけと考えます。

思い出せたら見なくても大丈夫です。

そして思い出せなかったらもう一度そのページ数を見て
この単語がなかったから思い出せなかったんだという事でワードを追加する。

その為の空白ですね。
アイデアにも繋がりやすいですしね。

1回目で思い出せなかったら他の色でワードを追加して
それでも思い出せなかったらまた別の色のペンを使う。

おすすめしているペン
ぺんてる マルチ8セット PH802ST 色芯8色

色と記憶は結びついているようです。

外から見て量の減りが分かりやすいようです。

最初は3つのワードも少なめの情報がいい。
思い出そうとする事が大事です。

復習のコツは単語は少なめで付け足すのも少なめでOKです。
復習のコツは回数はかけても良いけど時間をかけない。

スポンサーリンク



やる気が出る筆記用具

自分が頑張ったのが定期的に分かるのがいい。

だから消費が早い者が良い。

水っぽいインクの方が消費が早いですね。

それで行き着いたのがDaiGoさんの場合は万年筆のようです。

この万年筆のインクをDaiGoさんは1日で使い切るようです。
そして今日も頑張ったなぁといってインクを注入するようです。

おすすめの万年筆
ウォーターマン ボールペン 油性 エキスパート エッセンシャル ブラックCT S2243312 正規輸入品

ちなみにDaiGoさんは30万くらいするゴールドの万年筆も持ってるようです。
アマゾンでは売ってなかったです。
ウォーターマン 万年筆 M 中字 エドソン サファイア・ブルーとかいう正規輸入の商品のようです。

万年筆はねじ式だと面倒なのでこのキャップ式がおすすめのようです。

自分の頑張った量が見える化しますね。
万年筆は一生物ですからね。

本の読書の場合はしおりよりも付箋の方が良いようです。
付箋で読んだ箇所をチェックする事でどれだけ読んだかを見える化します。

それがモチベーションに繋がるんですね。

おすすめの本
やる気の科学

人間がいかにやる気を保かを書いてる。

いくらでもそんな本はあるけど心理学的に書いてある本で
凄い参考になるようです。

目の前にお菓子と引き出しの中にお菓子で食べる量が全然違うとか
そういった心理学的な事とかが書いてあるそうです。

どうしても覚えたい箇所は1/3のスペースに問題を書く
そしてそこを折って1/3だけを見てどんな事が書いてるかを思い出す。

ポチッと応援クリックお願いします↓


ビジネス書ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)