やる気が出ない原因が驚くほどよくわかるおすすめの本

理由もなくやる気が出ない無気力状態脱出法
▼なんとなくやる気が出ない本当の理由は
▼やらされている感をなくす技術、ジョブ・クラフティング
▼失敗反応を利用すれば、もうミスで心が折れることはない

今回のDaiGoさんのユーチューブ動画はなぜか反転してます。

まぁあんまり関係ないけどね。

今日はこの人のお店に行ってたようです

おすすめの本
料理人という生き方

大阪にお店があるようでそこに行ってきたようです。

料理に愛が大事とかいう人がいるけどそれなら
母親の料理は全部美味しいはず。

もうすぐ売り切れるようで増刷はしないようです。

元々料理人になろうとしてなかったようです。

料理人の見習いで小麦粉と卵はどっちが先ですかとか
全く知識がなかったようです。

失敗したことでやる気がなくなる人が多い。
失敗した時の対処法を知っておけば良い。

失敗しない唯一の方法は挑戦しないこと

おすすめの本
マインドセット「やればできる! 」の研究

穴が空くほど読んだ方が良い本のようです。

情報教材とかでよくマインドセットとかいって
おかしな使い方をしてる人がいる。

この本はかなり良い本のようです。
この本についてはまた後日放送するようですが本の紹介だけしてました。

姿勢がやる気とかなり繋がってるようです

自分が分かったとか思い出したときにしてるポーズを思い出して
その状態を再現する。

クリエイティブな発想をするときは自分が
どういうときに想像するかを知っている。

やる気スイッチがどこで入るかを知っておくべき。

よく勉強の机に座って集中出来ない人は
机に向かって座ってるときが集中出来てない。

だから自分が集中してるのがどんな時かを覚えておく。

スポンサーリンク



体が縮こまってるポーズより自信満々のポーズの方が
判断能力は上がる。

だからそれもあってDaiGoさんはステッパーを使って
運動しながら本を読んだりするようです。

天井が高いとこの方がアイデアが思い浮かびやすい

狭い個室とかは具体的に細かい事が思いつきやすい。

やる気が足りないのは具体性がない。

どういうプロセスでやるのかがない。

計画ではなくて行動の具体性がない。

自分がどういうことをやるのか具体的に書く。

明確になれば行動出来る。

迷ってる間に誘惑に負ける。

もっとモチベーションが高い物に負けてしまう。

人間は具体性の有る方に進んでいく

コミュニティーとの関連性を持たせるのも大事。

ジムに行くと1万円貰えるとかだと2倍行く確率が上がり

ジムに友達を作ると行く確率が3倍上がる。

スポンサーリンク



DaiGoさんは自分で本を読んだ知識を放送することで
自分の知識にも定着するしそれでニコニコのチャンネル登録者が
成功する人が増えるかもでモチベーションを維持してる。

お金儲けではニコニコ放送を継続出来ない。

他者とのコミュティーを大事にする。

自分の人生の目標にかなってるか?

自分の能力を見つめてそれよりちょい上を目指す

ジョブ・クラフティング
仕事のモチベーションはほとんど人間関係で決まる。

人間関係に新たなリフレイミングを

一番大切な人間関係を深めるには?

自分の仕事の何がどう支えられてるか?

どういうふうに成長していけるか?

この3つを考えるだけで意味が見いだされてモチベーションに繋がる。

目標を作ってもなかなか達成出来ない。

目標は達成していく中で柔軟に変えていく必要がある。
どうやったら成長出来るかをさぐる。

何をしたいかではなくてなぜそうしたいかを考える

お金を稼ごうとするとお金に近いことをやろうとする。
FXとか株とか仮想通貨とかに手を出す。

なぜテレビに出たいのか?
本を読み知識を広め猫との時間を大切にするとなり
それならテレビに出なくても他に方法はないかとなる。

ポイントは小さく何をするかを考える。
ローコストで手間も小さく。

DaiGoさんは講演会に300万で引き受けてるようです。
TEDからもオファーが来てるけど断ってるようです。

未来の自分から今の自分に手紙を書くとするとなんて書くか?
それを箇条書きにするといろいろ分かってくる。

DaiGoさんがニコニコをやってる理由はYouTubeの広告モデルよりも
ニコニコのようなチャンネル会員でのビジネスモデルの方が
これからくるだろうという事でやってるようです。

もしニコニコが潰れても同じような動画配信サービスはあるだろうから
ニコニコが潰れても他に移行してもみんなは付いてきてくれる。

批判されるという事は誰も思い浮かばない事が出来てるんだという確認作業
新しいことをやってるのに批判されない方がおかしい。

スポンサーリンク



ポチッと応援クリックお願いします↓


ビジネス書ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)