ひらめきにおすすめの本をメンタリストDaiGoが!

メンタリストのDaiGoさんがひらめきに関して
ニコ生で放送してました。

あれこれ考えるのを辞めるとひらめく

ひらめきとは

確信はあるけど理由は説明できない状態

なんとなくではなく最高最速の判断である。

5つのひらめき条件

1つ目は知識があること
学習により獲得したアイデアやイメージが多いほど
ひらめきが生まれやすい。

アイデアは意外な組み合わせから生まれます。

2つ目は基礎知識を分解して再構築
本質を新たな視点から再定義

代表的な例としてはコペルニクスも
最初は天動説を学んで地動説を導いた。

天動説が正しいとしたら月が動くのもおかしとか
いろいろと気付いて基礎知識から分解して
地動説を導いたんですね。

なので身につけた常識を疑う。

常識を極めた人間が常識の間違いに気付く

なのでいろんなバイトを転々とするのは
悪いことではない。

3つ目はぶっ飛んだ個性
自分の個性を信じてリスクを取る

挑戦に繋がる個性

失敗した後も気にせず頑張る
そうすれば誰もたどり着かないひらめきが出来る。

4つ目は内発的動機で行動
義務感や外圧的より興味や満足感や挑戦による達成感

作品が評価されると伝えるだけで
創造性が低下するという実験結果が出ている。

やりたいことに取り憑かれること

今月はこれをやるとか没頭した方が成果が出やすい

他人から与えられたノルマや締め切りが危険で与えられる前に行動する

5つ目は切磋琢磨する仲間
2026人の天才を調べた結果で孤独な天才はほぼいなかった。

励ましや競争そして学べる強敵が必要になる

だれでもいいわけではなくて友達が多い方が良いというわけではない。

ひらめきを呼び込むCSREステップとは

Concenrate:他のことを一切考えないレベルで集中

思考の手がかりを制限し視界から消す

1日1テーマと自動化習慣だけで生活する。

Stop:意識的な思考を停止する

やめる勇気が大事でメリハリが無意識を活かす

Relax:問題から離れて別なことをする。
停止するためには頭を使わない違うことをする
自動化習慣と単純作業

休憩中は頭を使わない単純作業
長期的には全く違う体験と環境

Eureka:無意識が答えを見つけて急にひらめく
意識的には忘れて待つ勇気が必要

どれだけ自分の無意識を信じることが出来るか
重要なのはリラックスのフェーズ

あまり頭を使うことはしてはいけない。
意識をそらして無意識を自由にする。

締め切りがあると難しくて副業とかがおすすめ。

ノーベル賞受賞者の87%がひらめきや無意識で
思いついた。

おすすめの本

ポチッと応援クリックお願いします↓


ビジネス書ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL